不動産投資セミナーへ初めて参加するとき失敗しない為に気をつけたい3つのこと - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

不動産投資セミナーへ初めて参加するとき失敗しない為に気をつけたい3つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京五輪の開催決定や東京圏の地価上昇を受けて不動産投資が活況の現在、「不動産投資」をテーマにしたセミナーも数多く開催されています。ただ、興味があっても「どのセミナーにいけばいいんだろう?」と二の足を踏んでしまっている方もいるのではないでしょうか。

また、不動産投資ブームに乗っかり、専門性に欠ける情報を使ったセミナーで儲けようとする悪質な業者がいるのも事実なので、しっかりと評判の高いセミナーを選ぶようにしなければなりません。

そこで今回は、不動産投資セミナーに初めて参加する上で気をつけたい3つのポイントをご紹介します。

不動産投資セミナーへ初めて参加するときに気をつけたい3つのこと



1. 普段から自社メディアで情報発信している会社を選ぼう


まずはセミナーを主催する会社のウェブサイトを確かめてみましょう。自社メディアで最新の不動産投資情報を発信している会社であるかどうかで、セミナーの質も見抜けるからです。どんなにセミナーの広告に魅力的な文言が躍っていたとしても、自社メディアを持っていなかったり、良質な情報が更新されていない業者には注意しましょう。


2. 顧客のライフステージにあわせたセミナーが用意されている会社を選ぼう


不動産投資と一言でいっても、その目的やニーズは異なります。老後の資産を確保するため、相続資産対策のためといったシニア層はもちろん、若いうちから社会保障に頼らない資産形成を図りたい、投資家としてのパラレルキャリアをスタートしたいといった意欲的な若い人たちもいるでしょう。

そのため、投資初心者全般に向けたセミナーだけではなく、「老後対策」「相続対策」「未来の資産形成」など、顧客のライフステージに合わせたテーマのセミナーを開催している会社を選ぶようにしましょう。


3. 難しい単語を羅列する「わかりにくい」セミナーには要注意!


専門的な難しい用語を多用することで、あたかも専門知識が豊富であるかのように見せかけるセミナーには注意が必要です。セミナー受講者が投資初心者の方であろうがベテランの方であろうが、わかりやすくシンプルな言葉で伝えるというのは最も基本的な姿勢であるべきではないでしょうか。

難しい言葉が飛び交っていると「なんだか信頼できそうだな」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、そういったセミナーは、分かったような気になるだけなので注意しましょう。

不動産投資というとお堅い印象もあるかもしれませんが、それをいかに投資初心者の方に向けて親しみやすく伝えるか。そういった視点で取り組んでいる会社のセミナーを探すようにしましょう。

そんなことを言っている「マンション経営大学」自身はどうなのか



マンション経営大学では「不動産投資をもっと身近なものに」との想いで、不動産投資のベテランだけではなく、初心者の方に向けて、不動産投資の最新情報を分かりやすく伝えることに努めてきました。おかげさまで「マンション経営セミナー」というキーワードで検索いただければお分かりになるかとは思いますが、検索順位トップとなっております。

読者のみなさまからすれば順風満帆のように見えるかもしれませんが、いかんせん不動産投資メディアの競争は熾烈です。中には、過激なSEO対策により、一気に順位を上げようとする業者も多くみられました。ただ、マンション経営大学としては「不動産投資をもっと身近なものに」との初心を忘れず、「最終的には良質な情報を分かりやすく伝えつづけるメディアが勝つ」と信じて、コラムの更新やセミナーの開催を継続してきた次第です。

「そんな実直にやり続けているだけで本当に大丈夫なのか」と不安になるときも本音を言えばありましたが、目先の利益を安易に優先することなく、淡々と信念を貫いてきたからこそ今の結果があるのだと信じています。

マンション経営大学では今後も「不動産投資をもっと身近なものに」との信念をもとに、最新情報を発信し、お客様のライフステージに寄り添った情報提供やセミナーを開催して参ります。ぜひ、ご興味がある方は一度、マンション経営大学のセミナーや個別相談会にお越しになってみてください。お会いできる日を楽しみにお待ちしております。

★マンション経営大学で人気のセミナー情報はコチラ



マンション経営大学では様々なマンション経営のノウハウを持っています。
より詳しいノウハウにご興味がある方は、プロから直接話を聞けるセミナーを無料で開催しています。
お気軽にお申込みください。

資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから