【マンション投資】空室リスクでもう悩まない!入居率98%を超えるの4つのノウハウ - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

【マンション投資】空室リスクでもう悩まない!入居率98%を超えるの4つのノウハウ

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンション経営の、代表的なリスクのひとつに「空室リスク」があります。きっと多くの方が「空室になったらどうしよう」と悩んでいるはずです。そこで今回は、入居率98%超を実現した、マンション経営大学の4つの独自ノウハウを思い切って大公開しちゃいます。

空室対策でもう悩まない!4つの独自ノウハウとは?

■ノウハウ1:東京圏のマンションに絞れ!




どんなに素敵なお部屋を購入し、マンション経営をはじめたとしても、そのエリアの住宅需要が低ければ、宝の持ち腐れになってしまいます。入居希望者が絶えないエリアに投資することが最も基本的なセオリーでしょう。

そこで注目すべきは東京圏です。2020年の東京五輪に向けて再開発が進み、19年連続で「転入超過」となっている絶好調のこのエリアに投資対象を絞ることが、空室リスクを大きく下げる大前提の戦略となります。

■ノウハウ2:ワンルームマンションに絞れ!




タワーマンションやファミリータイプのマンションのほうが家賃収入も高く、収益性が良いと思われるかもしれません。しかしながら、そのような大きなマンションがターゲットに据える入居希望者は家族です。

しかしながら、日本の人口動態を見ると単身世帯数が急増しており、今後も増加傾向は続くことが予測されています。つまり、これからは単身世帯者をターゲットに据えたワンルームマンションに投資をすることが、空室リスクを下げるためには有効になるでしょう。「舌切り雀」のお話にもあるように、見た目や大きさにとらわれることなく、堅実な投資先を冷静に選ぶことが大切ですね。

■ノウハウ3:新築(築浅)マンションに絞れ!




マンション経営大学に寄せられる質問の中でも多いのが、「中古と新築(築浅)マンションはどちらが良いの?」というお悩みです。中古マンションは初期投資費用が少ないため初心者にも手が出しやすく、収益性も良いのではないかとの見方があるようですね。

ただし、残念ながら、現実はまったくの逆になります。中古マンションでは思わぬ修繕費がかかってしまったり、設備の劣化なども予想以上に早く、その都度対応に追われてしまうことになるからです。

これからは最新の耐震対策が施されたマンションの需要が高まることも踏まえ、新築(築浅)のマンションを購入することが最も賢い選択と言えるでしょう。

■ノウハウ4:マンションは区分所有すべし!




マンションをまるごと購入する一棟買いも、空室リスクを高めてしまうひとつの原因です。

例えば、株式投資に置き換えてみるとわかりやすいのですが、ひとつの銘柄だけで資金を運用したとしたらどうなるでしょう。自分の資産はその会社の業績だけに左右されてしまい、リスクを分散することができなくなってしまいますね。しかし、さまざまな銘柄に分散して投資をしておけば、ひとつの会社の業績が悪くても、他の会社の業績で損失を補うこともできるのです。

投資の基本は「分散投資」ですから、マンション経営においても複数のマンションを区分所有することにより、空室リスクを総合的に減少させることが大切になります。

まとめ

上記のノウハウは最も基本的な部分に過ぎませんが、きっとみなさまのマンション経営にも役立つはずです。より詳しいノウハウにご興味がある方は、お気軽にマンション経営大学までご相談いただければと思います。今回ご紹介したノウハウをより強力にバックアップする家賃保証システム活用のコツなど、様々なアドバイスをお伝えさせていただきますね。



〇「マンション投資の空室対策」がよくわかる!おすすめコラム〇
空室リスク、家賃下落リスク…マンション経営の2大リスクを避ける方法
空室不安を解消!優良物件限定の家賃保証システムとは?
マンション経営において、空室リスクを軽減する3つの方法とは?

関連キーワード
  1. マンション経営のリスク
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから