空室リスク、家賃下落リスク…マンション経営の2大リスクを避ける方法 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

空室リスク、家賃下落リスク…マンション経営の2大リスクを避ける方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンションリスク避けるjpg


マンション経営のリスクといえば、すぐに思いうかぶのは「空室リスク」と「家賃の下落リスク」です。しかし、あらかじめリスクを避けるための方法を知っておけば、恐れることはありません。
今回は、この2大リスクを避けるための仕組み、工夫をご紹介します。

■空室リスクを回避するには、家賃保証を活用しよう!

せっかく買ったマンションも、入居者がちゃんと見つかる心配ですよね。しかし、そんな空室リスクの不安は家賃保証を利用することで大きく解消されます。

家賃保証とは、マンション管理会社がマンションオーナーからマンションを借り上げ、運営・管理を一気に引き受ける賃貸システムです。簡単に言えばオーナーがマンション管理会社に部屋を貸して、そのマンション管理会社が実際の入居者に物件を貸すという仕組みです。

家賃保証はマンション管理会社が契約期間中、家賃収入を保証してくれるという最大のメリットの他にも、お部屋の管理、入居者との契約や事務手続きといった、賃貸管理業務をまるごとお任せできるところも魅力です。家賃が安心、管理もカンタン、であれば言うことナシですね。中には家賃35年保証といった長期間の契約を選択できるところもあります。信頼できる管理会社を見つけることができれば、マンション経営はグッと安定しますよ!

◯さらにくわしく◯
空室不安を解消!優良物件限定の家賃保証システムとは?

■家賃下落リスクを回避するには、東京都市圏の好立地マンションを選ぼう!

築年数が経つに連れ、マンションは老朽化していきます。そんな時、家賃は下落しないか心配ですよね。家賃が下落しにくい物件ポイントは、ズバリ利便性。駅から◯分、商店街が充実しているなど、人が集まりやすい、人気の街のマンションは需要が高く、築年数が多少経過しても、賃料は下がりにくい傾向があります。マンション経営をするなら、建物だけを見るのではなく、主要駅へのアクセスや周辺環境といった利便性をしっかりと確認するのが、成功への近道です!

◯さらにくわしく◯
東京都市圏ワンルームマンション・人気急上昇エリアまとめ

マンション経営大学では様々なマンション経営のノウハウを持っています。
より詳しいノウハウにご興味がある方は、プロから直接話を聞けるセミナーを無料で開催しています。
お気軽にお申込みください。

関連キーワード
  1. トラブル
  2. マンション経営
  3. マンション経営のリスク
  4. リスク対策
  5. 家賃保証システム
  6. 東京圏
  7. 管理会社
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから