マンション経営において、空室リスクを軽減する3つの方法とは? - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンション経営において、空室リスクを軽減する3つの方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
120637672

マンション経営を行う上で避けては通れない問題に、空室リスクがあります。これからマンションオーナーになろうという方にとっては心配な問題ですが…実は、経験・実績の充分な賃貸管理会社、つまりマンション経営大学にお任せくだされば、トータルサポートなので安心です!

そこで今回は、空室リスクを軽減するために、マンション経営大学など賃貸管理会社が行っている対策をご紹介します!

■空室対策1:家賃などの居住条件を適正に設定する!

いくら素敵な物件でも、家賃が相場より高い場合は借り手側も少し敬遠してしまいます。空室期間が長いと、維持費や税金がかかり赤字経営の危険も…。しかし、賃貸管理会社は周辺設備や競合物件のデータを把握しており、空室率を下げる家賃設定もお手のもの。販売から管理までをトータルでサポートしている会社の物件であれば、購入時点から数十年先までの資産運用プランを具体的な数値で予測・提案してくれるので、とっても安心です。

仮に空室期間が発生しても、その間の家賃を管理会社が保証してくれる家賃保証システムという選択肢もありますので、とにかく空室リスクが不安という方は検討してみてくださいね。

◯家賃保証システムについてもっとくわしく◯
空室不安を解消!優良物件限定の家賃保証システムとは?

■空室対策2:中身の充実?賃貸物件としての魅力を高めよう!

住居設備は年を経る毎に劣化してしまうものです。キッチン、洗面所、トイレ、浴室などの水回りは、一定のリフォーム費用をかけても常にキレイにしておくことで入居率の向上に貢献してくれるでしょう。販売から賃貸管理までトータルサポートしてくれる投資用マンションを購入する場合、こうしたリフォームに関わるメンテンナンス費用も必要経費として長期的なプランを明示してあることがほとんど。オーナー自身がすべてをコントロールするのは大変ですが、経験のあるプロにお願いできれば安心ですね。

■空室対策3:入居者に満足を!トラブル対応はプロにお任せ!

空室ができたらすぐに入居してもらう、という考え方と同様に、一度住んでくれた方に長く住み続けてもらうためのサービスも重要です。たとえば、水回りの故障の修理対応。隣戸との騒音トラブルの解決。家賃の回収…。24時間発生する可能性があるトラブルに対応するのは、他に仕事を持つオーナーにとっては時間的にも精神的にも大きな負担ですが、賃貸管理のプロに委託しておけば、きめ細かな対応で入居者の満足度が上がることは間違いありません。

空室が出てしまう背景には必ず理由があります。しかし、予測できる問題に対応してくれるトータルサポートの販売・賃貸管理会社をパートナーとすれば、オーナー自身はあれこれ思い悩んだり、オーナーとしての業務に忙殺される心配はありません。
空室リスクを防ぐには、空室対策のプロの力にぜひ頼ってくださいね!

マンション経営大学では様々なマンション経営のノウハウを持っています。
より詳しいノウハウにご興味がある方は、プロから直接話を聞けるセミナーを無料で開催しています。
お気軽にお申込みください。

関連キーワード
  1. トラブル 入居者
  2. マンション経営
  3. リスク対策
  4. 家賃保証システム
  5. 業務委託
  6. 管理会社
  7. 賃貸
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから