マンション経営大学

マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンション経営大学

投資用物件でオススメのブランドは?人気ブランドマンションの特徴を紹介!

不動産投資を始めるためにマンションを購入しようと不動産情報サイトで検索しても、都内だけでその数は何万件にもおよぶでしょう。そうなると不動産投資の初心者は、どの会社のどんなマンションを選べば良いのか分からず困ってしまいます。

そんな不動産投資初心者の方にオススメしたいのが、ブランドマンションです。ブランドマンションと聞くと、「高級感があるぶん値段が高そうだから簡単には買えないだろうし、リスクも高いのではないか」と感じてしまう人もいるかもしれません。しかし実際には、ブランドマンションを選んだほうが、不動産投資のリスクを抑えることができるのです。

本記事では、不動産投資にブランドマンションが向いている理由と、中でも投資に最適なブランドをご紹介します。

1.ブランドマンションとは

ブランドマンションとは、不動産開発会社が自社で手掛けているマンションのことを指します。日本には、いわゆる財閥系や東証一部上場の大手、そして電鉄系など、様々な不動産会社があります。
そういった会社では、品質の高いマンションに統一した名称を付けてシリーズ展開をしています。不動産会社がブランド名を全面に打ち出したTVCMを流しているのを、見たことがある人も多いのではないでしょうか。
つまりブランドマンションとは、それだけ不動産会社にとっては会社の威信をかけたものなのです。

2.ブランドマンションの持つ特徴

ここでは、ブランドマンションが具体的にどのような特徴を持っているのかを説明していきます。

2-1.デザインや設備が優れている
ブランドマンションは入居者に上質な雰囲気を感じてもらうため、外観・内装ともにデザインにこだわったマンションが多いのが特徴です。会社によっては、同じブランド名を冠してデザインを統一することで、「〇〇不動産のマンションだ」と一目で分かるように工夫しているところも。見た目のプレミア感にこだわり、エントランススペースを広くとってホテルのような雰囲気を醸し出しているのも特徴です。
各部屋には浴室乾燥機、エアコン、間接照明が備わっているなど設備が充実している他、採光と眺望も考えられた構造になっているのもブランドマンションならではです。

また防犯カメラやオートロックはもちろんのこと、各部屋にカラーモニター付きインターホンを備え、セキュリティ会社と契約しているなど、防犯面に力を入れている会社もあります。
そんなふうにブランドマンションは、通常のマンションよりも数ランク上の生活を入居者に提供しているのです。

2-2.利便性の高い立地に建っている
東京23区や横浜、川崎など首都圏で今人気のエリアで駅から徒歩圏内にあるなど、利便性の高い立地に建っている点もブランドマンションの特徴です。
またマンションが建つエリアそのものに魅力があることも、利点と言えるでしょう。周辺環境も含めて、入居者に高い満足感を提供できるよう考えられているのです。

2-3.管理が行き届いている
ブランドマンションは、管理面でも通常のマンションと比べて大きく差別化されています。管理人が巡回し、マンション内はもちろんのこと、敷地内の植物の管理なども行います。そうすることでマンションの美観を保ち、綺麗で清潔な環境を入居者に提供しているのです。また管理人がいることで、防犯面での効果もあります。

2-4.資産価値が落ちにくい
ブランドマンションはここまで挙げてきたように、設備面、デザイン面、立地面、管理面で非常に優れています。そんなブランドマンションが投資家にとってどう影響するかと言うと、資産価値が下落しづらいというメリットがあるのです。

通常のマンションとブランドマンションの両方が、たとえ立地や広さの面で同じ条件を持っていたとしても、後者のほうがあらゆる面で優れていて、なおかつその状態が維持されていれば、物件の価値は下がりづらく家賃の値下がりも起きにくいというわけです。

3.投資にはブランドマンションを選んだほうが良い理由

不動産投資を始める人が、なぜ最初にブランドマンションを購入したほうが良いのか。それは先ほど挙げた、資産価値がほとんど下落しづらいという点が最も大きいです。

またブランドマンションは、比較的低リスクでの運用が可能です。
不動産投資家にとって、空室リスクや資産価値が低下するリスクは不安要素の1つ。
その点、ブランドマンションは空室が出れば入居希望者同士で申し込み合戦が起きることもあります。物件数の少なさに伴うプレミア感のおかげで賃貸需要が高いため、長期間の空室があまり発生しないのです。空室が出ないのであれば、家賃収入が得られなくなることによるローンの返済不能も避けられます。

そしてブランドマンションの入居者は比較的金銭に余裕のある層が多いため、家賃の滞納が起こりにくいと言えます。生活の質も高い傾向にあるので隣人トラブルも少なく、入居者の人間関係に悩まされることもほとんどないでしょう。
加えて建物の構造が強固なため、災害リスクも可能な限り避けられます。

4.人気のブランドマンションをご紹介!

ここからは実際に、不動産投資に適しているブランドマンションを2シリーズご紹介します。どちらも単身者向けに展開しているので、少ない自己資金でも購入が可能なうえに、ここまで挙げてきたブランドマンションならではの利点を兼ね備えています。

スパシエシリーズ

東京23区を中心に展開するマンションシリーズで、「スパシエステージ池袋西」、「スパシエベレーザ大山」など、現在3棟が建っています。
エントランスには贅沢に御影石を使用することで、高級感を演出。建物に入った瞬間、静寂に包まれたシックな内装の空間が都会の喧騒を忘れさせてくれます。
居室はフロアによって異なるカラーが用意されており、フローリング、下足入れ、ドアなどの建具はホワイトとダークブラウンの2タイプから選ぶことができます。

そうしたデザイン性の高さや自由度だけでなく、住まいとしての耐久性や安全性にもこだわっており、徹底して検査を行ったうえで強固な躯体構造を実現。
投資対象のブランドマンションとして、資産価値を低下させないための工夫がしっかりと施されています。

クラリッサシリーズ

東京23区に匹敵するほどの人気を誇りつつある、横浜市と川崎市。そのエリア内の好立地に建つマンションシリーズです。
閑静な住宅地に建ち、ワイドなガラス張りのエントランスからさんさんと降り注ぐ日差しが、ハイグレードな生活空間を演出する「クラリッサ 川崎梶ヶ谷」。そして横浜駅に直通3分という恵まれた立地に建ち、ダークな色調で落ち着いた品格を放つ「クラリッサ 横浜」など、現在各地に4棟が展開しています。

共有部や室内には2口ガスコンロや浴室暖房乾燥機、宅配ボックスといった生活をサポートする設備を備えている他、防犯性に優れたカラーモニター付オートロックシステムを搭載。入居者を守り、質の高い生活を叶えてくれるマンションです。

5.まとめ

ブランドマンションは、入居者の生活に高級感や非日常感、安心感といった高い価値を提供してくれます。そして不動産投資家にも、高い資産価値を与えてくれます。首都圏の新築マンションは資産価値が落ちにくいため融資を受けやすいので、ある程度の頭金が用意できれば、購入はそれほど難しくありません。

比較的低いリスクで、将来的にも家賃収入を見込める不動産投資を行っていきたいのであれば、不動産投資初心者こそ、ブランドマンションという選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

資料請求はこちら
無料のセミナーに参加する