株高フィーバーの今、ベテラン投資家たちがとった意外な行動 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

株高フィーバーの今、ベテラン投資家たちがとった意外な行動

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、日本市場において株式が好調を維持しています。

ただ、不思議なことに、株式投資による売却益を元手に、新たな資産運用先を求めてマンション経営大学へご相談に来られるベテランの投資家の方々も増えているのです。

一体、どうして彼らは株式投資を続けようとはしないのでしょうか。

ベテラン投資家が株式以外の資産運用先を求める背景とは?



2000年以来、日経平均株価はついに2万円台を回復し、今も好調を維持しています。そのため、リーマンショック以降に塩漬けになっていた株や、その時期に仕込んだ株の含み益が発生し、利益確定売りをしたことで次なる投資の資金に余裕ができたというのが大きな理由の一つです。

同時に、幾多の金融危機を経て、一時期は大きな含み損を抱えてしまったベテラン投資家の中には「株はもうこりごり」という方も少なくなく、「投資は継続したいけれども、なるべくリスクの低いものを」と新たな資産運用先を探す動きが加速しているようです。

実際、中国経済の崩壊やギリシャの債務問題など、株式市場に大きな影響を与える懸念材料は多く、現在の一時的な株高を冷静に評価する見方が根強いと考えられます。

新たな資産運用先にマンション経営・投資が注目されている理由とは?



このような背景から、リスクを軽減するために資産を分散させたいベテラン投資家たちに注目を浴びたのがマンション経営・投資です。

定期預金や国債の利率もスズメの涙の今、東京圏の中長期的な地価上昇を受けて、膨大な海外マネーが流れ込んでいるマンション市場への投資であれば、長期的に安定した利益を得ることが可能だと、興味を持たれる方が増えています。実際、生命保険会社も長期金利低下で停滞する国債に見切りをつけてマンション投資市場へ踏み出したというニュースも、ベテラン投資家たちの評価を高めているようです。

ちなみに「ジェイコム男」として有名な「B・N・F」氏に代表される著名な投資家たちも、株から得た利益を不動産投資に回しているとの情報もあるようで、勝ち組投資家たちの中では資産の分散先として不動産を選択するというのは一般的になりつつあるのかもしれません。

投資の初心者こそマンション経営・投資がオススメ!

勝ち組のベテラン投資家が注目していると言われると、「難しそうだなあ」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、マンション経営・投資は、投資初心者にこそオススメといえます。なぜなら、ほとんどすべての業務をパートナー会社に委託することができ、専門的な知識がなくとも少ない自己資金で無理なく始めることが可能だからです。つまり、利益を出すためには専門的知識が必要な株式投資やFX・先物などと比べた場合、とても大きなアドバンテージになります。

何よりも大きなメリットの一つが、資産運用のために「時間を搾取されない」ということです。煩雑な管理業務を一括委託することで、自分の時間を削られることなく、投資収益を手にすることができる。これは、特に働きながらの資産運用を考えている方にとってはとても重要なポイントでしょう。

現在、日本の将来を危惧し、多くの方が投資をはじめていますが、その投資の先輩たちが注目しているマンション経営・投資を、資産運用の初手に選んでみてはいかがでしょうか?

▼ 何事も成功者を真似することからスタートするのがイチバン効率的

関連キーワード
  1. マンション投資
  2. マンション経営
  3. リスク対策
  4. 初心者
  5. 株高
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから