資産運用方法としてマンション経営がおすすめな理由 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

資産運用方法としてマンション経営がおすすめな理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
資産運用方法としてマンション経営がおすすめな理由


資産運用の方法は株式投資、国債、FX(外国為替証拠金取引)など様々ですが、将来に渡って安定した資産運用をしたいとお考えなら「マンション経営」がおすすめです。

マンション経営はミドルリスク・ロングリターンの投資と言われ、他の資産運用にはないメリットが豊富に揃っています。資産運用方法としてマンション経営が優れている理由を詳しく見ていきましょう。

長期間の安定収入

マンション経営における最大のメリットは、安定した家賃収入を得られることです。

株やFXであれば短期間で高収益を得ることも可能ですが、反対に大きな損失を出すリスクも十分ありえます。マンション経営では資産が急激に増えるということはありませんが、家賃収入という継続的で安定した収入を得られることが魅力です。

少ない資金からでも始められる

例えば、株式投資でまとまった資金が必要な場合は、自分でその資金全額を用意しなければなりません。一方、マンション経営の場合はローンを組むことができるので、手元資金にゆとりがない若い方でも始めることができます。

月々のローン返済は家賃収入から賄うことができるので、ローン返済額より家賃収入の方が多ければ、毎月の実質負担はありません。仮にローン返済額の方が多くても負担額は少なくて済みます。

ローン完済後は、資産が自分のものとなり、賃料で得た収益は毎月の収入となります。若いうちからマンション経営を始め、60歳でローンを完済すれば、それ以降の家賃収入は老後の私的年金の役割を果たします。

生命保険代わりにもなる

ローンを組んでマンションを購入する場合、同時に団体信用生命保険にも加入できます。これはローン契約者に万が一のことがあった場合に、残りのローン額が保険で全額負担される仕組みになっています。残されたご家族の方がマンション経営を引き継げば、毎月の家賃収入が得られ、場合によっては売却による収入を得ることもできます。

このようにマンション経営は生命保険代わりにもなるので、死亡保障のついた生命保険に加入している方にとっては、その分の費用を見直すこともできるでしょう。

世の中の変化に強い

株式投資やFXなどの投資は、その時期の政治や海外の経済状況の影響により相場が大きく変動します。金融機関への預貯金も資産運用の一つですが、貨幣の価値自体も時代によって変動するものです。

現在、日銀は毎年2%のインフレを目標に掲げていますが、インフレが進むと相対的に貨幣の価値は下がります。そのためインフレ時に現金や預貯金で資産を持っていた場合、資産が目減りしてしまうリスクがありますが、マンションは現物資産ですのでインフレによる物価上昇で資産価値も上昇します。仮にデフレでも、「東京圏」といった立地に優位性のある物件であれば、他の物価に比べて下落幅が小さいため、リスクを最小限にとどめられるのです。

このようなことから、現物資産のマンションには投資対象として注目が集まっています。

節税効果

マンション経営は、相続税の節税効果も期待できます。被相続人の資産を現金や株式で相続する場合は、その全額が課税対象になりますが、賃貸マンションの相続は、相続税評価額が大幅に下がるため相続税が軽減されます。

この他にも、マンション経営では損益通算を使えば税金の還付が受けられることがあります。マンション経営では実際の支出がない減価償却費やローンの利息などが経費として認められます。その経費が不動断所得よりも上回り、帳簿上で赤字になると、確定申告時に源泉徴収分から差し引かれた所得税の還付や住民税の軽減が受けられることがあります。

もっと知りたい方はコチラの記事も読んでみよう!
マンガで学ぶマンション経営!〜相続税対策にオススメ!編〜
平成27年から改正!相続税控除額引き下げ対策には、マンション経営が有効?

ポイントまとめ

  • マンション経営における最大のメリットは、安定した家賃収入を得られること!
  • 手元資金にゆとりがない若い方でも始めることができる!
  • 生命保険の代わりにもなり、節税対策にも効果的!

関連キーワード
  1. マンション経営
  2. ロングリターン
  3. 保険
  4. 家賃収入
  5. 節税
  6. 資産運用
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから