サラリーマンをスーパーマンに!サラリーマン投資家がマンション経営を選ぶ3つの理由 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

サラリーマンをスーパーマンに!サラリーマン投資家がマンション経営を選ぶ3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

パラレルキャリアなどワークスタイルの多様化に伴い、働きながら資産運用をする「サラリーマン投資家」が現在増加しています。

投資手法は千差万別ですが、共通しているのは皆さん「働いている」ということ。では、働きながらできる資産運用に最も適した投資手法は一体何でしょうか?

サラリーマン投資家に最適なのはマンション経営!

結論から申し上げますと、働きながらできる資産運用として一番オススメなのはズバリ、マンション経営です。

「そりゃ、マンション経営大学のコラムなんだから、そう言うでしょうよ」と思ったあなた、少々お待ちください(笑) マンション経営こそがサラリーマン投資家に向いているというのには、しっかりとした理由があるんです。

サラリーマン投資家にマンション経営が最適な3つの理由



1. サラリーマン投資家はローンが組みやすい

マンション経営を行なう際、一般的にはローンを組んで投資用マンションを購入します。

サラリーマン投資家の強みは、何と言っても安定した収入があるという「信用」です。ローン審査が通りやすいため、他の投資と比べて多額の自己資金を用意する必要がありません。

「サラリーマン」という武器を使って、自己資金が少なくても数千万円の資産を運用することができるというのは、マンション経営ならではの大きなアドバンテージでしょう。


2. マンションオーナーは時間に拘束されない

サラリーマン投資家にとって、お金と同じくらい問題になるのが「時間」でしょう。就業後や休日を使って投資業務に没頭するのは精神面でも体力面でも大変です。

しかし、マンション経営は、管理業務をパートナー会社に一括で委託できますので、オーナーがすることはほとんどありません。本業に支障をきたすことなく、プライベートの時間も奪われることなく、「手ぶら感覚」で投資収益を手にすることができるのです。


3. パラレルキャリアのメリットを本業に活かせる

マンションオーナーとしての二つ目のキャリアを持つことで、本業だけでは手にすることのできない情報やマネジメントスキルを身につけることができます。

サラリーマンとして普通に仕事をしているだけではなかなか味わえない、まさに「経営者視点」で物事が考えられるようになるというメリットがあるのです。

サラリーマン投資家に不向きな資産運用とは?



では逆に、サラリーマン投資家に適さない資産運用とは何でしょうか?
ズバリ、代表的なものとしては株やFX、先物取引に代表される「値動きが激しい資産運用」です。

勤務時間中に会社のトイレで隠れて売買をする「トイレトレーダー」も現在増えているようですが、常に変動する株価や為替に振り回されてしまい、本業を疎かにして会社をクビになってしまっては元も子もありません

また、これらの資産運用で安定した利益を出すには、多額の自己資金が必要です。「金融広報中央委員会」が発表している「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]平成26年度調査結果」では、金融資産保有額の中央値が75万円とされていますから、多くの働いている方は、まず投資用の自己資金を用意することすら難しいのが現実でしょう。

さらに、一般の方が少ない資金を株やFX、先物取引といった投資手法で増やすには、それなりのリスクを取ることにもなります。リスクを回避するためには専門的な知識を学び続ける必要があり、その点からも働きながらの投資手法としては難しい面があるようです。

▼参考:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]平成26年度調査結果」

まとめ

マンション経営は、富裕層や資産家などが行なうイメージがまだまだ強いかもしれませんが、実はサラリーマンの方に非常に向いている資産運用方法なのです。ぜひ一度、サラリーマンであることを強みとして活かせるマンション経営を考えてみてはいかがでしょうか。

▼「サラリーマンからスーパーマンへ変身するために」

資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから