ピケティ「21世紀の資本」から考える!投資はなぜ必要なのか - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

ピケティ「21世紀の資本」から考える!投資はなぜ必要なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界的なベストセラーになったトマ・ピケティの「21世紀の資本」が日本でも話題になっていますね。こんなに分厚い専門書が現在の日本でこれだけ売れたということは、国民の「資産運用(投資)」に対しての意識が少しずつ変わっているということなのかもしれません。

今回は、「21世紀の資本」をもとに資産運用について考えてみましょう。

なぜ、投資が必要なの?キーワードは「r>g」

「21世紀の資本」の中では、過去どのような状況においても、「資本収益率(r)」は「経済成長率(g)」よりも大きいとしています。つまり、「労働の対価である賃金の伸び(経済成長率)よりも投資をした際の収益率(資本収益率)のほうが大きく、この差が現在の格差社会を生んでいる」ということなのです。

このことから、格差社会を脱却するために個人でできることとして、ただ単純に働いて賃金を得るという生活だけではなく、投資をすることにより資産を増やすことが重要ということが読み取れますね。

時は金なり!早めの資産運用で時間を資産に変えよう



ただ、ピケティの論理は、莫大な資産を運用する富裕層が、その収益を再投資することにより、どんどん富を増やしていくといったお話です。一般人としてはまずそんな元手はありませんし、用意することも難しいでしょう。

ここで「時は金なり」という言葉を思い出してみてください。つまり、なるべく早く資産運用をはじめることで、時間の経過を資産に変えていくのです。

短期で莫大の利益を得ようとするのは現実的ではありませんし、高いリスクが伴います。長期的に安定した収益をこつこつと積み重ねていく。そうすることで今、手元に莫大な資産がない方でも、将来に資本収益率(r)を享受することは十分に可能でしょう。早いうちからお金を少しずつでも投資に回して、資本収益率を高めていくことがとても重要なのです。

資本収益率を着実に高めていける安定した投資方法とは?



元手が少ない方にとって、資本収益率を着実に高めていく投資方法とはなんでしょうか。株やFXなどによりレバレッジを効かせることもできますが、そのリスクは高く、特に投資初心者の方にとっては現実的ではないでしょう。

そこでオススメしたいのが長期的かつ安定的な収益を着実に積み重ねていくタイプのマンション投資です。マンション購入の際にはローンを組むのが一般的ですので、元手(頭金)が少なくても数千万円の資産を運用できる利点があります。

また、ピケティは「相続する資産が格差を広げていく」とも指摘していますが、マンション経営はこの点でも有利に働きます。もしマンションオーナーに万が一のことがあっても、マンション購入時に加入する団体信用生命保険(団信)を活用することで残債は解消され、マンションという資産と家賃収入という収益を家族に遺すことができるのです。つまり、自分の子孫にまで資本収益率(r)の恩恵を遺すことができると言えるでしょう。

たしかに一般的に「富裕層」と言われているような、「超」が付くほどのお金持ちになるのはなかなか難しいかもしれません。ただし、これからの格差社会を自分自身や家族が豊かに生き抜くだけの資産を形成することは不可能ではありません。みなさんも「r>g」を念頭に、投資を始めてみてはいかがでしょうか。

〇「人気の投資方法」がよくわかる!おすすめコラム〇

資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから