新米ママ必見!出産前に知っておきたいお役立ち制度と資産リスク - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

新米ママ必見!出産前に知っておきたいお役立ち制度と資産リスク

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性のためのマンション投資

ママにとっては気になる出産支援策。現状ではどのようなものがあるのかご存知でしょうか?

2013年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産むとされる子供の人数)は、前年に比べ0.02ポイント上昇の1.43でした。政府は2020年をめどに出生率上昇の流れを強め、2013年の1.43から2以上に高める取り組みを実施していくとの方針を打ち出しています。

今後、さらなる充実が期待される「出産前に知っておきたいお役立ち制度」を一緒におさらいしてみましょう。



出産・子育てを支援するお得な制度を活用しよう!

(1)出産育児一時金

健康保険や国民健康保険などの被保険者またはその被扶養者が出産したとき、新生児1人につき42万円(産科医療補償制度加算対象外となる出産の場合は39万円)が支給されます。1人につきなので、双子の場合は2倍の84万円が支給されます。請求と受け取りを妊婦さんに代わって医療機関が直接行うこともできます。

(2)妊婦健診の費用補助

役所で母子手帳を受け取る際に、妊婦健診の回数券が支給されます。補助金額は各自治体によって異なりますが全額無料になる自治体も!ちなみに、費用補助が適用される回数は14回までの自治体が一番多いようです。

(3)出産手当金

出産日の42日前から出産日の翌日以降56日までの期間を対象に、勤めていた会社の標準報酬日額の3分の2に相当する金額が加入している健康保険から給付されます。

(4)育児休業給付金

育児休業は基本1年間取得できます。育児休業を取得してから最初の180日間は、休業開始前の標準報酬日額の67%、その後は50%が雇用保険から支給されます。こちらは母親・父親ともに給付対象となります。

(5)育児休業期間中の保険料免除

3歳までの子を養育するための育児休業期間中は、社会保険(健康保険と厚生年金)の保険料が免除されます。免除された期間分も将来の年金額に反映されます。

各自治体や勤務先によって独自の支援を行っている場合もあり状況は異なってきます。最新情報について、お住まいの自治体や勤務先に必ず確認してみましょう!



出産による経済的な機会損失は免れない!? マンション経営という解決策

このように出産時においての支援があるのはとても嬉しいことですが、やはりフルで働いていた場合と比べれば、出産による経済的な機会損失は免れないとの見方もあるようです。働けない期間も安定した収入を確保できれば、「経済的にも安心して子育てをすることができるのに」と思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

そんなとき、「マンション経営」が効果的な選択肢になります。働きに出られないときに収入を得る手段は他にもたくさんありますが、マンション経営をおすすめする理由は、その収益性と安定性です。また、魅力的な物件を選ぶ上で、女性ならではの目線を活かせる資産運用方法でもあります。

マンション経営は、立地を厳選するなどのリスクヘッジをしっかりと行えば、安定した資産を形成することも夢ではありません。出産で働くことができずに失った収入を、マンション経営で取り戻すことも可能かもしれません。「二人目」を経済的な理由で断念せざるを得なかった方にも朗報といえるのではないでしょうか。

ぜひ、マンション経営大学のおすすめ記事を読んで、コツやポイントをつかんでみてくださいね。

マンション経営大学では、「マンション経営」に興味がある、これから始めてみたいけど何をしたらよいか分からないといった方のために豊富なコンテンツを用意しています。また各種セミナーや、個別相談窓口も設けているので初めての方でも安心して利用することができます。

ぜひ、マンション経営大学へご相談ください。



ポイントまとめ

  • 2020年に向けて出産支援策はますます充実!
  • それでも出産による経済的な機会損失は根強いリスク!
  • 女性目線を活かせるマンション経営で資産リスクを回避しよう!

関連キーワード
  1. マンション経営
  2. 出産・子育て
  3. 子ども
  4. 家族
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから