ベーシックインカムってなに?ベーシックインカムをつくる方法 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

ベーシックインカムってなに?ベーシックインカムをつくる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社に就職して定年まで勤め上げ、老後は悠々自適の年金暮らしといった「一般的な人生」が幻想になりつつある現在、新たな時代に対応するための様々なライフスタイルが提唱されています。

今回は、最近良く耳にする「ベーシックインカム」という新しいライフスタイルについて考えてみましょう。

ベーシックインカムとは?



「ベーシックインカム」とは「最低限所得保障」の一種で、政府が国民に対して無条件で、必要最低限の生活資金を定期的に支給するという構想です。「そんな素晴らしい制度ならすぐにやって欲しい!」と思ってしまうのが人情ですが、日本での実現にはまだまだ課題が多く残されているのが現状です。

ベーシックインカムに“似た”制度は日本にもある?



ただし、「毎月決まった金額を受け取れる」という観点からすれば、現在の日本にもベーシックインカムに似た制度はあります。その代表例が「年金」です。考え方によっては、日本のお年寄りのみなさんは「年金というベーシックインカム」で老後の生活を送っているとも言えるのです。

ベーシックインカムは自分でつくろう!



しかしながら、その年金というベーシックインカムは、今や受給開始年齢の引き上げ、納付期間の延長などにより崩壊しつつあります。もはや政府の助け舟を待つのではなく、自分で将来に向けた準備をしておくことが何より重要です。ここはひとつ、自分だけのベーシックインカム環境を作ってみてはいかがでしょうか。

自分だけのベーシックインカムがあれば、仮にお給料が下がってしまったとしても、生活レベルを下げたり、貯金を切り崩したりする必要はありません。また、ワークライフバランスも今までより快適になり、長期の旅行や趣味にと時間をもっと費やすことができるかもしれません。

自分だけのベーシックインカムを無理なくつくる「マンション経営」



ただ、古来より「時は金なり」という言葉があるように、時間も大切な資産です。ベーシックインカムを生み出すために多大な手間と時間を費やさなければならないとしたら、それでは意味がなくなってしまうでしょう。

マンション経営は、煩雑な管理業務はパートナー会社に一括して任せられるため、オーナーさんはほとんど何もすることがありません。それにも関わらず、長期的に安定した家賃収入を毎月得られるため、「自分だけのベーシックインカムを無理なくつくれる方法」として大変人気の資産運用形態なのです。

ぜひ以下のコラムも参考に、マンション経営大学までお気軽にご相談くださいね。

〇「マンション経営の安定収入」がもっと分かる!おすすめコラム〇

資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから