地方の空き家率が過去最高に! その裏に潜むマンション経営の大チャンスとは? - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

地方の空き家率が過去最高に! その裏に潜むマンション経営の大チャンスとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
eye3


国内の住宅総数に占める空き家の割合が、2013年10月時点で過去最高の13.5%になったという調査結果を総務省が発表しました(住宅・土地統計調査 2014年7月29日発表)。

この発表だけを見ると「こんな状況でマンション経営をするのは……」と思ってしまう方もおられるかと思いますが、実はこの調査結果を紐解いていくと、全く逆の答えが導き出せるのです!

キーワードは「空き家の割合が、人口減少が深刻な地方を中心に増えた」ということ。地方の空き家率が多い今こそ、首都圏のマンション経営がチャンスとなるかもしれません。

今回は、その理由をご紹介していきます。

地方の人口減の理由は、東京都市圏への人口流出が原因のひとつ!

地方の空き家率増加の理由として、東京への人口流出が影響しています。

地方の人たちが東京都市圏へ移住することにより、その場所の人口が減る。つまり空き家率が増加するといった構図となっています。

ということは、東京都市圏の人口は必然的に増えるということになりますよね。人口が増えた場合、そこに住む人が多いということですから、住宅の需要はもちろん上がります。

つまり、地方の空き家率は高くても、人口が流入した東京都市圏の住宅需要は増えていると言えます。需要が増えているということは、まさにマンション経営のチャンスと言えるのではないでしょうか?

今がチャンス! 東京都市圏のマンション経営の魅力とは?

実際に、国土交通省の「平成26年地価公示」によると、東京都全域において住宅地、商業地、工業地が6年ぶりに全てマイナスからプラスに転じました。

さらに、五輪開催などの経済効果や私立大学の都心回帰なども後押しし、地方と東京の住宅需要の格差はさらに開いていくと思われます。

その中でも、マンション経営をはじめるならば、特に人気の街、人気の駅から少し離れた駅などは、その立地の良さから空室リスクも回避できますし、資産価値としても高いと言えるでしょう。

一見、マイナスイメージを受けるニュースでも、視点を変えるとまた違った意味を持ってくるものです。
地方の空き家率が過去最高の今こそ、東京都市圏のマンション経営がチャンスなのかもしれません!

○東京都市圏で人気の街についてもっとくわしく!○
人気駅の隣が熱い!入居者目線のマンション経営で入居率アップ!

○地方と違い、東京では地価が絶賛上昇中!○
マンション経営するなら地価上昇中の東京都市圏がオススメ!

○知られざる東京都市圏の魅力と実力!○
東京圏の都市力はニューヨークより上?世界が注目する東京の魅力!

ポイントまとめ

  • 地方の空き家率が過去最高を記録! 原因のひとつは東京への人口流出!
  • 東京都市圏へ人口が流入することにより、住宅需要が増加する!
  • マンション経営をするなら住宅需要が増加している東京都市圏がオススメ!

関連キーワード
  1. マンション経営
  2. 地方
  3. 東京圏
  4. 首都圏
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから