マンション経営するなら地価上昇中の東京都市圏がオススメ! - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンション経営するなら地価上昇中の東京都市圏がオススメ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
地価上昇


「平成25年度土地に関する動向」及び「平成26年度土地に関する基本的施策」(土地白書)が国土交通省により、平成26年6月10日に公表されました。同資料によれば、三大都市圏を中心に、まだまだ地価上昇の動きが拡大し、地方圏でも回復基調になるとしています。

今回は、地価上昇の背景を見ながら、マンション経営を失敗しないためのポイントを整理してみましょう!

■アベノミクス「三本の矢」が決め手?家計や企業のマインドが改善!

今回の土地白書では「『機動的な財政政策』『大胆な金融政策』『民間投資を喚起する成長戦略』という現政権がかかげた『三本の矢』による取り組みの政策効果で、家計や企業のマインドが改善した」と、一定の評価がなされています。

「三本の矢」は、ニュースなどでたびたび取り上げられていたキーワードなので、馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

また、「今後も土地の流動化・有効利用の促進を図りつつ、地価等の動向については、地価公示や不動産価格指数等により、よく注視していく必要がある」としており、政府が後押しする政策などによって今後も不動産には注目が集まることになりそうです!

■収益性や利便性を重視した土地需要がさらに強まる!

さらに、同白書では、「最近の国民の意識変化、企業の投資の動向などをふまえ、今後は収益性、利便性を重視した土地需要の傾向がさらに強まっていくと考えられることから、各地域において不動産の実質的な価値の向上を図り、土地の収益性や利便性を向上させるための取組みを行っていくことが重要である」としています。

収益性、利便性を重視した土地の需要が高まるとなれば、不動産投資やマンション経営の需要も上昇していくと考えられるでしょう。

■三大都市圏の中でもオススメは東京!

しかし、仮にマンション経営の需要が増えても、「住みたい人の需要」も増えなければマンション経営は成り立ちませんよね。三大都市圏の中で、住みたい人の需要が今後も増えていく場所といえば、やはり五輪開催を控え、さらなる地価の上昇が見込める東京都市圏がどこよりもオススメです。

さらに、東京都市圏には、単身世帯の増加や、私立大学の都心回帰などの後押し要因もありますので「申し分なし」と言えるのではないでしょうか?

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

○もっとくわしく○
私立大学が続々と都心に回帰!沿線のマンションに注目が集まる?!

マンション経営の好機?東京都の一人暮らし世帯が二人以上世帯の数を上回る日

6年ぶりに全ての用途で地価上昇!マンション経営のオススメは東京!

■ポイントまとめ

  • 三大都市圏を中心に地価が上昇中!
  • 収益性や利便性を重視した土地の需要がこれからも高まっていく!
  • 三大都市圏のなかでも、これから伸びる「理由」が多い東京都市圏がオススメ!

出典:「平成25年度土地に関する動向」及び「平成26年度土地に関する基本的施策」(土地白書)について

関連キーワード
  1. アベノミクス
  2. マンション購入
  3. 単独世帯
  4. 東京圏
  5. 立地
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから