マンション経営を始めよう! 今注目したいのはこの街!【武蔵小杉】 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンション経営を始めよう! 今注目したいのはこの街!【武蔵小杉】

このエントリーをはてなブックマークに追加
武蔵小杉駅


マンションの価値は周辺環境や人気度、つまり需要があるかないかで大きく変わります。それでは具体的に人気の街には、どんなところがあるのでしょうか?

今回は、かつては工業の街と言われ、今では住みたい街ランキングでの上位に食い込むほどに変貌した「川崎市武蔵小杉」をご紹介します。

■アクセス★★★★★(5)

武蔵小杉はかつては工業の街でした。しかし、2010年にはJR横須賀線・湘南新宿ラインの同駅が開業し、さらに2013年の春からは東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転も開始され、都心へのアクセスが格段に向上しています。

・品川駅…直通10分
・渋谷駅…直通13分
・東京駅…直通18分
・新宿駅…直通21分
・池袋駅…直通25分

横浜方面へのアクセスも改善し、成田空港へも一本でつながるなど、住みたいランキングが上がるのも納得ですね。

このアクセスの良さから、都心より割安な武蔵小杉で住居を探そうと、都内や埼玉方面から物件を求める方が急増しているとのこと。

■住みやすさ★★★★☆(4)

商業複合施設・東急スクエアを始め、今後も商業施設や、お店が増えていくと予想されています。さらに、開発が進み、たくさんのマンションができていながらも、自然はしっかりと残っているのも魅力と言えるでしょう。

武蔵小杉の近くには多摩川が流れ、河川敷ではランニングをはじめ、サッカーやテニスなど様々な楽しみがあります。

特にサッカーにおいては、Jリーグクラブの川崎フロンターレがあることもあり、地域活動に力を入れていることも有名です。

■とらみのマンション経営オススメ度:★★★★★(5)

かつてのイメージを一新し、住みたい街ランキングの上昇を続ける武蔵小杉。これからの需要も大きく期待できることから、ロングリターンを目的とするマンション経営オーナーにとっては、非常に魅力的な街と言えるでしょう。

2003年には1棟だった超高層ビルは、2018年には15棟になる見通し。その後も増えることが予想され、地価の上昇まで期待されています。

都心へのアクセスが良く、商業施設、自然に恵まれている武蔵小杉でのマンション経営は大きなチャンスかもしれませんね。

マンション経営大学では、2014年8月より販売を開始していますので、気になる方は是非お問合せくださいね。

■ポイントまとめ

  • 都心へのアクセスが抜群に良い!
  • 今後もまだまだ発展が期待出来る!
  • 2014年8月より販売開始の今がチャンス!

関連キーワード
  1. マンション経営
  2. 住みたい街
  3. 東京圏
  4. 武蔵小杉
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから