あなたのお家は大丈夫?揉めないための相続をマンション経営で対策 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

あなたのお家は大丈夫?揉めないための相続をマンション経営で対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
相続対策マンションjpg


お金持ちの家で起きる骨肉の遺産争い…ドラマや映画でこういうシーンをみたことがある方も多いのではないでしょうか?「うちは財産なんてないから大丈夫だろう」なんて思っていませんか?ところがどっこい!あなたの身の回りにも、突如起きるかもしれないのです!

■相続による裁判の件数は一般的な家庭の方が多い?

相続による裁判の件数と財産額の割合は、5000万円以下の事例がなんと、相続による裁判の70%を占めています!5000万円以下というのは、持ち家を一軒保有しているような一般的な家庭です。そんな家庭が、相続での裁判の件数の70%を占めているとなると、人ごとではないような気がしてくるのではないでしょうか?

遺族にそんな思いをさせたくない、争って欲しくない。それでは、うまくいく相続の方法とは、どういったものがトレンドなのでしょうか?

■遺産を遺すなら一石二鳥?ワンルームマンション!

一軒家などの遺産では、相続人が複数いる場合、誰かが住むのか、売るのかなどの面倒な話し合いや、お互いの立ち位置の違いから、前述した相続による揉め事や裁判に発展するケースが多々あります。そういった対策に、例えば遺産相続人が3人いる場合、ワンルームマンションを3区分購入し、一戸に自分が住み、残りの二戸からの家賃収入、そして年金収入で豊かな老後を送りながら、遺産を残す際には、その三区分のマンションを平等に相続人に分け与えるなどの対策を取る方が、近年増えています。

いろいろなケースがありますが、生前から早めに遺される相手のことを考え、万一に備えてしっかりと準備をしておくというのは、とっても大事なことなのです!

■平成27年から相続税の控除額が変更!現物資産が有利に!

さらに注目しておきたいのが、平成27年から相続税の控除額が引き下げられるということです。「うちはそこまで資産が無いから」と思っていても、実は相続税を払う基準に達していた…という事例が増えることが予想されます。そうなった場合、一般的な家庭での相続による裁判は、もっと増加するかも知れません。「相続税評価額」の低いマンションなどの不動産を、早めに資産として持つことは、とても有効な相続の方法なのです!

相続とは「資産」だけでなく「モノ」や「言葉」そして「想い」や「思い出」など、さまざまなことを大切な人に引き継ぐことです。肉親同士で揉めるというのはとっても悲しいこと。大切な人のために、しっかりと相続対策を考えていきたいものですね。

■ポイントまとめ

  • 相続による裁判の件数は一般家庭が7割を占める!
  • 遺産を遺すなら一石二鳥なワンルームマンション経営がオススメ!

関連キーワード
  1. マンション経営
  2. ワンルームマンション
  3. 相続トラブル
  4. 相続税
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから