マンション経営で管理会社が高入居率維持のために実践する5つの秘訣 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンション経営で管理会社が高入居率維持のために実践する5つの秘訣

このエントリーをはてなブックマークに追加
PDCA cycle - quality control method

マンション経営と切っても切り離せない仕事、それは管理業務です。

オーナー自身が管理していくことももちろん可能ですが、知識がなかったり他に仕事を持っている場合は、管理会社に業務を依頼するケースが多いでしょう。

ではどんな管理会社が「良い管理会社」なのか。それはズバリ、高入居率を実現できる管理会社です!

■高入居率のための5ポイント

管理会社に管理を任せても、入居者がいなければ家賃収入が発生することはありません。快適なオーナーライフを送るために、高い入居率を維持している管理会社にお任せしましょう!

1. 共有部や設備の管理や、修繕工事の提案・実施を怠らない!

マンションを自社で建設している管理会社に限りますが、共有部の清掃・管理をし、建物自体やエレベーターなどの設備の保守・点検、修繕工事の提案・実施を怠らず、入居者にとって安心して住むことのできる物件として管理しているかが、高入居率維持のひとつのポイントです。

ここに住みたい!と思われなければ、どんなに頑張っても入居者は現れません。マンションの共有部分のエントランスがいつもゴミだらけで汚かったら…とても住みたいとは思いませんよね。

入居者に長く住み続けてもらい、高い入居率を保つため、良い管理会社は魅力的な物件づくりを怠りません。

2. 東京圏の立地、物件周辺地域に詳しい

東京圏でマンション経営をする場合、東京圏について知らない、任せた物件のある地域について知識が無い、では不安ですね。

地域の性質を知らなかったために起きるトラブルもあるかもしれませんし、そもそも何かトラブルが起きたときに対応できないという管理会社は信用できません。東京圏の各立地について精通している管理会社であれば、地域の人々にも信頼され入居率が良いでしょう。

3. 適切な入居審査・家賃設定でトラブルを防ぎ、入居者を増やす

入居の審査基準が高すぎる、もしくは低すぎる設定をしている管理会社は入居率が良くないでしょう。高すぎれば審査に通る確立が低くなり、必然的に空室が多くなるでしょう。逆に低すぎれば家賃を滞納されたり、トラブルが起きる可能性が高くなります。また家賃の価格も同じように、高すぎれば入居者が決まらず、低すぎれば家賃収入が満足いかないものになる可能性も。

物件に対して入居審査・家賃設定を適切に行うことのできる管理会社は、高入居率を保てます。

4. 豊富なネットワークがあれば、効果的な入居者募集ができる

空室がでてしまったとき、スムーズな入居者募集ができるかどうかも、高入居率へ大きく影響します。

不動産屋での仲介、フリーペーパーなどへの掲載や、WEBサイトなどインターネットでの広告活動、のぼりやパンフレットなどを使った現地での販促など、豊富なネットワークを持つ管理会社であれば、より多くの人に入居者の募集を知らせることができます。

また、時期や入居者ターゲットにあわせたキャンペーンの提案などもできる管理会社はさらに頼もしいですね。

5. きめ細かい入居者への対応

入居者からクレームや問合せがあったとき、どのような対応を示しているかも、管理会社が入居率を左右する部分です。

例えばあなたがマンションの一室に住んでいて、騒音問題やはたまた排水問題などで困っていたときに、管理会社に無視をされてしまったら…良い気持ちにはなれませんし、最悪の場合転居を考えますよね。

入居者の声に親身に耳をかたむけ、すばやい対応ができる管理会社は入居者から信頼され、長い付き合いになるでしょう。

このように、空室リスクに対するフォロー実績の高い管理会社がオススメです。サイトなどでお客様の実際の声が紹介されていると、より信憑性が高いですよね。

より良いパートナーを見つけ、高入居率を実現させましょう!

■ポイントまとめ

  • 高入居率を維持できるかが、管理会社選びのポイント!
  • 空室リスクのフォロー実績が高い管理会社がオススメ!

関連キーワード
  1. トラブル
  2. リスク対策
  3. 入居率
  4. 対策
  5. 東京圏
  6. 管理会社
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから