マンション経営は健康な内に始めるべき?団体信用生命保険について - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンション経営は健康な内に始めるべき?団体信用生命保険について

このエントリーをはてなブックマークに追加
団体信用保険

資産運用を始めるのは自分にはまだ早い…とお考えではありませんか?とらみです!

実はマンション経営は、健康な内に始めることをオススメしています。

その理由は、金融機関のローンの団体信用生命保険にあります。

■健康な時に加入しやすい団体信用保険

「団体信用生命保険」

マンション経営を始める際、ほとんどの方が加入するのが団体信用生命保険、略して『団信』です!

団信は住宅ローンに特化した生命保険。加入者に万が一のことがあっても、以降の返済額は保険金によって一括で完済される、という仕組みです。

団信に加入することができれば、仮に自身が病気や事故による突然の不幸(死亡)に見舞われても、遺された家族がローンの支払いに困ることはありません。それどころか、安定したマンション収入だけを残すことができるようになるのです!

しかしこの団信、加入には条件があります。金融機関によってその条件は違うのですが、「医師からの指示、指導による投薬をある一定期間受けていないこと」「病気治療目的による手術、入院が何年以内に行われていないこと」などがあげられます。

つまり、健康を損なったと客観的にある程度判断される状態になってしまうと、団信には加入できなくなってしまうことがあり、マンション経営を行いにくくなってしまう場合があるのです…

■マンション経営は健康な内に

三大疾患をはじめとしたあらゆる病気にかかってしまうと、どうしても団信に加入出来ないリスクが生じます。

人間は、いつまでも健康ではいられません!自身の健康に自信がある人ほど、若い頃に無理をして体調を崩しやすいということもあります。だからこそ、マンション経営に興味をお持ちの方は、団信に加入出来る健康なうちに行うことをオススメしています。

ただし、病気をしたから団信に加入出来ないと決めつける事もないですし、団信に入らないとマンション経営が出来ないという事もありません。あくまでオススメしているだけですので、どのような場合でも、お気軽にお問い合わせ下さい。

■ポイントまとめ

  • 団信は大切な家族に資産を残す生命保険として活用できる。
  • 病気になってしまうと団信には加入できない。
  • 団信に加入できないと銀行からの融資を受けられない。
  • マンション経営は若く健康なうちにしか始められない。

関連キーワード
  1. リスク対策
  2. 保険
  3. 団体信用生命保険
  4. 相続
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから