頭金ゼロ?月々の支払いゼロ?からのマンション経営 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

頭金ゼロ?月々の支払いゼロ?からのマンション経営

このエントリーをはてなブックマークに追加
電卓を持った女性


資産運用の方法にもいろいろありますが、マンション経営というと、どうもお金がかかりそうだ…とハードルの高さを感じている方も多いようです。でも、ちょっと待ってください!マンション経営は数ある金融商品の中でも、初期費用がかなり少なくて済む部類の資産運用方法なんですよ!


今回は、頭金ゼロ、あるいは少ない自己資金からでもマンション経営を始めるためのポイントをお伝えしていきます。


貯金ゼロでもマンション経営を始められる?

■頭金ゼロのポイント1:物件自体の評価が高い!

もちろん、すべてのマンション購入希望者が頭金ゼロで、マンション購入のためのローンを金融機関に認められる保証はありませんが、ゼロになる、あるいはゼロに近い、10%程度までの頭金に抑えるためには、いくつかの押さえておきたい重要なポイントがあります。

ひとつめのポイントは、購入を考えている賃貸マンションの評価が高いこと。マンション経営は、個人または法人で営む賃貸事業です。自分が住むための住宅ローンとは違い、事業として成り立つ物件を買おうとしているのかということ。つまり、入居者にとって魅力的な賃貸物件であるかどうかが、頭金ゼロを実現するための、重要なポイントとなります。


金融機関のローン担当者は、あなたが選んだ物件を、立地、デザイン、耐震性・強度など、あらゆる観点から分析評価します。その結果、この物件なら利益が確実に出そうだ!と判断されると、ローンの頭金はゼロで済むことが決まる…かもしれないわけです。


■頭金ゼロのポイント2:信頼できるマンション販売会社の提携ローンを利用!

当然、どこの誰が建てたかわからないような、あやしいマンション物件では頭金がゼロ、どころか、ローン自体がおりません。ならば、不動産投資の初心者は、どのようにして事業として成り立つほどに評価の高いマンション物件を見つければ良いのでしょうか?


とらみのコラムでは、そうしたマンションの見分け方を何度かご紹介してきましたが、一番てっとり早い方法は、これまでに何度も金融機関からローンを受けた実績を持つマンション販売会社の物件を購入することです。特に、多数の金融機関と長期にわたる取引実績があるマンション販売会社であれば、頭金や金利の面で有利な独自の提携ローンを備えているのが一般的。資産状況やライフプランに応じて、頭金の額、金利、支払い計画を選択できるような、たくさんの提携ローンを用意している販売会社がオススメです。


自分自身で最適のローンを探す…というのは実はなかなか大変なことで、マンション経営を始める多くの方が、この提携ローンを活用しています。


■頭金ゼロのポイント3:本業をもったままのマンション経営が有利!

マンション経営は、物件自体に充分な魅力があれば、入居率も高まり資産運用としてのリスクは軽減されます。しかしながら、入居率が下がる可能性がないわけではないのだから、そういうときもちゃんと月々ローンを返済してくださいよ?と念押しする必要があるのが金融機関の仕事です。


月々のローンの支払いは、購入したマンションの賃貸料金から全額を払う(自身の懐からは一切お金を出さない、月々の支払いゼロ!)のがマンション経営の大きな魅力ですが、仮に家賃収入が途絶えた場合でもローン返済の能力はなくならないことが証明できれば、その分、ローンの条件は有利になることが多いのです。


社会的に認知度の高い企業に勤務していたり、年収が高いと、金融機関の担当者は安心する、というところは普通の住宅ローンと同じ。実は、マンション経営は専業で始めようとするよりも、正社員としての本職を続けるかたわらの副業として扱う方が、頭金ゼロを実現する可能性が高いと言って良いでしょう。


もちろん、誰もが頭金ゼロを選ぶべき、ということではありません。月々のローン返済額を低く抑えたい方や、完済時期を早めたいという方は、頭金を多く払っておいた方が、有利なことも多いでしょう。


というわけで今回は、自己資金はほとんどないけどマンション経営を始めてみたいよ!という方のための解説をさせていただきました!


■ポイントまとめ

  • 頭金ゼロのためには評価の高いマンション物件を選ぼう!
  • 頭金ゼロのためには実績のあるマンション販売会社の提携ローンを利用しよう!
  • 頭金ゼロのためには本業を続けながらのマンション経営がオススメ!

関連キーワード
  1. ローン
  2. 賃貸
  3. 頭金ゼロ
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから