シニア世代が都心に回帰中!人気の立地は「今」が狙い目? - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

シニア世代が都心に回帰中!人気の立地は「今」が狙い目?

このエントリーをはてなブックマークに追加
40507784_35Y


郊外に住んでいるシニア世代が、都心に回帰するケースが増えています。単身世帯の高齢者が増えれば、マンション需要はますます増加していくことが考えられますね。都心回帰の背景には一体どういった要因があるのでしょうか?

■老後の住宅トレンドは郊外のマイホームからコンパクトな暮らしへ

今のシニア世代が働き盛りの時代は、「家を買って一人前」という言葉に象徴されるように、一戸建てを購入するのが家族の夢という認識が一般的でした。都心部より比較的土地代の安い郊外に人口が集中した結果「ドーナツ化現象」(都心部人口の空洞化)が起きたのを、社会科の授業で習ったことをおぼえている方も多いかと思います。

ところが、一度は郊外に一戸建て住宅を構えたシニア層が、都心部などの交通利便性の良いマンションに住み替え、コンパクトな暮らしに移行するというケースが増えているのです。その理由は…?

■戸建ては広く、ムダが多すぎる?利便性の良い都心部のマンションへ

一番の理由は、子どもの独立。現在日本では、都市部を中心に単身世帯や核家族世帯が増加傾向にあり、大きな戸建住宅に家族が揃って生活する期間が短くなりました。子どもが独立した後の戸建て住宅は、間取りにムダが生じ、毎日の掃除だけでも一苦労。庭の手入れや傷んだ設備の修繕など、手間がかかるところも多く、「現在の生活には余分」と考えるシニア世代が増えているようです。

また、郊外では商業施設や病院が遠い場合もあり、車を運転しなければ日々の生活がままならない状況も多いと言えます。その点、都心に住居を移すことができれば、商業施設、病院ともに近いケースが多く、電車、バス、タクシーなど、移動手段も多岐にわたります。そんな利便性の良さから、郊外の戸建て住宅から都心部のマンションに住み替える方が増えているのです。

■相続対策としてのマンション購入!都心部の好立地マンションは需要が高騰!

近年は遺産の相続対策として、戸建てを売却して複数戸のマンションに買い替える方も増えています。1軒の戸建てを兄弟姉妹で平等に分割するのは難しいですが、相続人数に応じて資産を分割しておけば、後々家族が揉めることもありませんよね。

加えて、現金資産よりも不動産資産、特に事業用の資産は相続税評価額で有利になる点から、自分で住む、という用途以外に、事業用マンションの購入にも注目が集まっています。

シニアによる都心回帰は、今後も増加すると思われます。もちろんこれは、マンション経営を始めようと考えている方にとってはチャンス。ただ、アベノミクスや五輪による景気の回復、単身世帯の増加など、プラス要因の多い東京都市圏の好立地マンションは、すでに一部で争奪戦といえるくらいに人気が高まってきているケースもあります。海外マネーの流入もニュースになる昨今、いつマンション経営に乗り出すか悩んでいる方は、ぜひマンション経営大学にご相談くださいね。

■ポイントまとめ

  • シニア世代の都心回帰が進行中!
  • 立地の良い人気エリアのマンション争奪戦が加熱!
  • マンション経営を始めるなら「今」がオススメ!

関連キーワード
  1. マンション経営
  2. 単独世帯
  3. 相続
  4. 相続税
  5. 都心
  6. 高齢
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから