マンション経営を始める年齢は若ければ若いほどオトク? - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンション経営を始める年齢は若ければ若いほどオトク?

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンション経営を始める

こんにちは、とらみです!

マンション経営に興味をもった皆様。マンション経営を始めるのはいつですか?今でしょ!…と流行に乗っかった言い方をしてみたとらみですが、実際の話、マンション経営を始める年齢は若ければ若いほど、オトクなことが多いようです。

資産運用を始めてみたいけど、どうも踏ん切りがつかない…始めるならいつでも同じ…と考えている方に、今回は、若いときにマンション経営を始めるメリットを、お伝えします。

■若いうちのマンション経営、3大メリット

若いうちにマンション経営を始める最大のメリットは、ズバリ!

■月々の負担が少なくなる

これこれ、コレです。若いうちにマンション経営をスタートさせると、1カ月あたりのローン支払い額が少なくて済みます。たとえば、マンションを25歳で購入してローンを60歳までに完済させるプランを組んだ場合と、45歳で購入して同じく60歳までに完済させるプランを組んだ場合。単純計算で、月々のローン支払い額には約2倍の開きが出ることがあります。

1カ月あたりの支払い額が少なくなれば、ローンの元金を月々の家賃収入だけでまかなえる可能性が高まります。つまり、自分自身はお金を一切出さずに、マンションを購入できるという魔法のような状況が生まれる…かもしれないわけです!

■ローンの返済が早く終わる

早期にローンを完済すれば、以降の家賃収入はすべてご自身の収入になります。定年前に支払いを終えてキャリアを引退される方もいらっしゃいますし、定年までに支払いを終えれば、老後にローンを残さず、家賃収入と年金のダブル収入で余裕のある生活を送れるようになるのです。

■金融機関からのローンを受けやすい

少ない資金でマンション経営を始めるためには、金融機関からのローン『団体信用生命保険』、略して『団信』に加入する必要がありますが、この団信には、三大疾患などの病歴があると審査が通りづらいという側面もあります。よし、マンション経営を始めるぞ!と決意したときに、団信に加入できないために断念せざるを得ない人も多いのです。

人間の体には、いつどんなタイミングで、何が起きるかわかりませんよね。年齢を重ねるごとに、どうしても健康上のリスクは高まります。もっと早く踏み切っていれば…と後悔しないためにも、マンション経営は若くて健康なときに始めるのがオススメなのです。

今回ご紹介した、この3つの理由から、若い世代の資産運用方法として、マンション経営の人気が高まっています。特に、独身の男女が、将来の家族のために先々を見越して…という事例も増加しています。

■ポイントまとめ

  • 若いうちのマンション経営なら、月々の負担が少ない!
  • 若いうちのマンション経営なら、ローンの返済が早く終わる!
  • 若いうちのマンション経営なら、病気のリスクが少なく金融機関からの融資が受けやすい!
  • 独身男女を含む若い世代の間で、マンション経営の人気が高まっている!

関連キーワード
  1. メリット
  2. 家賃収入
  3. 融資
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから