あなたは当てはまる?お金が貯まる3つの習慣とは? - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

あなたは当てはまる?お金が貯まる3つの習慣とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたは当てはまる?お金が貯まる3つの習慣とは?


「お金を貯めたいけどなかなか貯まらない」

こう思っている人は多いのではないでしょうか?毎日家計簿をつけてみたり、固定費を見直してみたり、色々やってみても、結局どれも三日坊主……という方もいるでしょう。

そこで今回は、お金が貯まる人が実践している習慣を3つ、ご紹介したいと思います。

お金が貯まる習慣その1:仕組み化する

「仕組み化」とはお金の流れを一定のルールを用いて管理することです。

仕組み化を実践するには以下の2つがポイントです。

  • 貯金専用口座を複数作る
  • ボーナスなどの臨時収入は月々の給与振り込み口座とは別の口座に分ける

給与やボーナス、その他の臨時収入などの「収入」と生活費やクレジットカードの決済などの「支出」を1つの口座で行っている方は多いと思います。

その中で、使った分を差し引いて残りを貯金しようという考え方では、なかなかお金は貯まりません。

うまく貯金できている人の多くは、貯金専用口座を2つ以上持っていることが多いです。将来のための貯金口座と、万一の時の出費に備えるための貯金口座があると便利でしょう。

こうして一定のルールを設けることにより、貯金が「自動的にできる仕組みを作る」ということがお金を増やす第一歩です。

お金が貯まる習慣その2:可視化する

「可視化」とはお金の流れを明確に見えるようにするということです。

自分の収入、支出、貯金額などを把握する、いわゆる家計簿のようなものです。

「家計簿は面倒くさくていつも三日坊主になっちゃう…」

という方も沢山いることとは思いますが、毎日1円単位で細かく付ける必要はありません。一週間に一度、月末に一度など少し時間を取って、収入と支出のバランスを振り返るのはとっても大事です!

最近ではスマホアプリなどで、便利で簡単なものがたくさんあります。こういったものを利用すれば、ゲーム感覚で楽しみながら収支を管理することが可能です。

お金が貯まる習慣その3:ルール化する

「ルール化」とは、買い物をする時にルールを作って管理するということです。

例えば「専門的な知識が必要な買い物の場合は、信頼できる店舗や会社に相談する」といったルールは効果的です。

自分だけの判断だけではなく、購入したい商品に詳しい信頼できる人物を見つけ、相談することで、リスクを大幅に減らすことができるはずです。

「お金を上手に貯めている」人は以上の3つのルールを習慣化しています。悪い習慣は止めにして、良い習慣を身に付けたいものですね!

お金が貯まる習慣の「キモ」は自動化?

お金が貯まる3つの習慣を見てみると「なるべく自分の感情などを排除して、自動的にお金が貯まる仕組みを作る」ということが言えます。

特に「仕組み化する」、「ルール化する」という2つの習慣はそれが顕著に現れているといえ、「可視化する」という習慣は、それを補助する役割といえるでしょう。

この「自動化」は投資にも大切なことです。

そして、この「自動化」に良く当てはまっている資産運用こそが、個人年金保険やマンション経営なのです。中でもマンション経営は、家賃という収入が毎月入ってくるため、長期的に安定した収益が見込める方法です。

ただ、先ほどの「ルール化」でも述べましたが、マンション購入は専門的な部分もあるため、「信頼できるパートナーに相談する」ことをおすすめします。ぜひ、マンション経営に詳しい信頼できるパートナーとして「マンション経営大学」にご相談ください。管理をお任せいただければ、オーナーはほとんど何もしなくてよいため、まさに「自動化」している投資方法といえるのではないでしょうか。

老後などに備える場合、預貯金だけではどうしても物足りません。「お金が貯まる習慣を身に付けて、さらなるプラスアルファを資産運用で得る」ということも、人生を豊かに過ごすために検討してみてはいかがでしょうか?

ポイントまとめ

  • 貯金専用口座を複数作るなどして支出を「仕組み化」しよう!
  • 家計簿をつけるなどして支出を「可視化」しよう!
  • 買い物をするときは「ルール化」したものを守って購入しよう!
  • お金を貯まる習慣を身に付けて、プラスアルファで資産運用!

関連キーワード
  1. 収支管理
  2. 家計
  3. 投資
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから