オフィスが新しくなりました。 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

オフィスが新しくなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィス紹介

 

マンション経営大学(Life&Style株式会社)のオフィスコンセプトは【良質な提案】は【良質な環境】から。

「良質な環境」が「社員の健康を維持」し「良質な提案」が行えると考え社員の健康を考えたオフィス環境作りを目指しています。

◆エントランス

当社のイメージカラーを基調に落ち着いた空間にしています。

160603_L&S_ 04

◆オフィス

ワークスペース【昇降デスク】

同じ姿勢で長時間働くことが多いので、全社員昇降デスクを導入しております。疲労解消や気分転換に役立っています。

160603_L&S_ 47

◆オフィス

ミーティングスペース【昇降デスク】

昇降デスクを導入しています。長くなりがちなミーティングも短縮出来たり、効率よく出来ると人気です。

160603_L&S_ 51

◆オフィス

ワークスペース【昇降デスク】

「【良質な提案】は【良質な環境】から」をコンセプトに全社員昇降デスクを導入し、「健康」「効率」「交流」アップを目指して疲労解消や気分転換が行える環境を整えております。

160603_L&S_ 53

◆昇降デスクSwift(スイフト)を全社員に導入

マンション経営大学は、【良質な提案】は【良質な環境】からと学長山越尚昭の考えからGoogle社・Facebook社・楽天株式会社等の大手企業が採用した昇降デスクを全社員に導入しました。

main_title

◆『オカムラ Swift(スイフト)』についてはこちらから
・椅子のオカムラが立ち姿勢をおすすめする理由
http://www.okamura.co.jp/ergonomics/standing/index.html

この昇降デスクは、北欧では、なんと95%もの会社が導入しているということで、「健康」「効率」「交流」アップに繋げられるとのことです。

仕事中の姿勢悪化は、肩こりや意識散漫、ストレス、乳がん、肝機能障害など、さまざまな病気や障害へとつながることが知られています。
従来のように、椅子で調整するのではあまり予防効果がないこともわかっているため、机の昇降で姿勢を整えたり、立ったままパソコンに向かったりすることを推奨しているそうです。

会議が必要な場合には、立ったままスタンディングミーティングを行うこともできます。
これにより、肩こりの改善やストレスの低減、情報収集能力の向上などが見込めるそうです。

健康な状態でお客さまにお会いでき、お客さまの将来に対して、担当者も健康な状態で提案できる環境が整えられ、お客さまも気づいていない、見えない課題を解決できるのではないかと期待しています。

マンション経営は、お客様の将来設計を提案する商品です。ローンを組めば、そこには保険効果も備わっています。そのような長期、かつ高額な商品では、提案する側の会社の姿勢も重要な判断材料となります。
当社が名簿による電話営業をしないのも、そうした考えに沿ってのことです。

マンション経営大学は、今後もお客様に【良質な提案】を常に行えるように【良質な環境】を整え、より良い提案を行えるよう努力いたします。

◆昇降デスクを利用した感想

【60代社員】
昇降デスクを利用して六十肩が改善し肩が上がるようになりました。
その他、長年悩まされていた腰痛も改善しました。
また、パソコンでの作業が楽になり効率も良くなり業務量が増えました。

fed1dec03345a140fbe98e93cbe0bf18

【20代社員】
一般的なデスクを使用していた際は腰の痛みがありましたが昇降デスクに変更して腰が楽になりました。
また、立つことにより集中して仕事が出来るようになり効率が上がりました。
全般的にストレスが無く仕事が出来るため、夜の寝つきも良くなり毎日すがすがしく仕事が出来るようになりました。

0740c5a6c2bf0a52fcfbe4a9635a50a5

入学案内はこちらから