【マンション経営・投資とは?】メリット、向いている人のまとめ - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

【マンション経営・投資とは?】メリット、向いている人のまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
top

マンション経営は、どんな人にオススメできるでしょうか。

老後に備えて安定した収入源が欲しい方。大切な家族に遺す資産を検討している方。本業での仕事が忙しく投資に使う時間が確保しづらい方。そういう方々ならば、マンション経営、マンション投資はオススメできるかもしれません。一方、今すぐに一攫千金を狙った一か八かの勝負をしたい方には、マンション経営は合わないことでしょう。

今回は、マンション経営・投資とは何か。そして、マンション経営・投資に独特の特徴とメリット。また、どんな方にマンション経営・投資が合うかをまとめてみました。

マンション経営・投資とは、ロングリターンの金融商品のこと

image_1 マンション経営とは何か。一言で表すと、それはロングリターンの金融商品です。金融商品と聞くと多くの人が思い浮かべるのは、株式、FX、外貨投資、あるいは預貯金や生命保険などかもしれません。ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンという言葉を聞くと、どちらも極端で選びにくい……と感じる方も多いかもしれません。

マンション経営・マンション投資も、こうした金融商品のひとつ。しかし、その最大の特徴は長期にわたり安定した家賃収入を得られるロングリターンの商品であることです。

※参考:マンション経営を株・FX・生命保険と比較しよう!
https://mansionkeiei.jp/torami-column/10219

マンション経営・投資のメリットまとめ

image_2 ロングリターンとはどういうことでしょうか。そして、マンション経営・投資という金融商品が持つ代表的なメリットを箇条書きにしましたので、ご覧ください。

  1. ロングリターンで長く収入が確保できる
  2. リスクを計算してコントロールできる(参考:2つの投資方法!マンション経営は低リスクのインカムゲインをねらおう!
  3. 投資に関わる業務を外部委託できる(参考:マンション経営をサポートする賃貸管理システムで安心してオーナーに!
  4. 現物資産で価値が安定しやすい(参考:マンション経営などの現物資産はインフレや金融危機にも強い!
  5. 他のローリスク商品より利回りが良い(参考:マンション経営は終身保険や終身年金より13倍もオトク?
※それぞれのメリットは、リンク先の記事をご参考ください。

ひとつ目のメリットは、聞きなれない言葉(ロングリターン)だったかもしれませんので解説します。他の金融商品と異なるマンション経営最大のメリットは、長期間にわたって家賃収入という安定した利益(インカムゲイン)を得られることにあります。仮に、家賃10万円のマンションを40年にわたって保有していると、その間の収入は4,800万円にもなります。短期間の売買差額(キャピタルゲイン)によって収益を上げる金融商品(FXや株など)と比較すると、瞬間風速では叶わないもののコツコツ確実に稼ぐという意味では大きなメリットがあります。これがロングリターンという言葉の意味です。

マンション経営・投資に向いているのはこんな人

image_3 ご紹介したメリットを踏まえて、マンション経営・投資に合うのはこんな方です。「当てはまる」と感じた方は、他の金融商品と比較の上、ご検討されてはいかがでしょうか。

  1. 老後の備えとして、少ない年金を補う安定した収入を確保したい
  2. 一か八かの勝負ではなく着実に目標金額を達成するような資産運用がしたい
  3. 仕事が忙しくて投資に使う時間が確保しづらい
  4. 購入したマンションを投資目的だけでなく家族の進学や転勤の際にも活用したい
  5. 万が一の事故や大病に備えて生命保険がわりの資産形成を考えている

反対に、短期間で大きく稼ぎたい、と考える方には不向きの金融商品かもしれません。ただし、マンション経営・投資を活用して、長期的な計画で大きく稼ぐ仕組みを構築することは充分可能です。複数戸を所有して収入を増やすその方法も、下記の記事を参照ください。

※参考:資産を活用して資産をつくる?黒字経営の近道「内入れ」のまとめ
https://mansionkeiei.jp/torami-column/10037

まとめ

今回は、マンション経営・マンション投資とは何か、その概論ともいうべきところをまとめてご紹介いたしました。マンション経営に興味を持たれた方、もっと詳しく知りたいという方は、マンション経営大学の記事をもっと読んでいただければと思います。また、マンション経営大学への電話やメールでのお問い合わせも大歓迎ですので、お気軽にご相談・ご質問ください。

資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから