ミドルエイジクライシスを根本的に解決するにはどうすべきなのか - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

ミドルエイジクライシスを根本的に解決するにはどうすべきなのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Economics Financial Crisis Risk Strategy Concept

「三十にして立つ、四十にして惑わず」と中国の思想家である孔子は言いましたが、現代の30〜40代には大いに惑ってしまう方が多いそうです。

この「ミドルエイジクライシス」とも呼ばれる社会問題。中高年男性特有の不安をあなたも感じてはいないでしょうか?

ミドルエイジクライシスとは?

「ミドルエイジクライシス」とは、「中年の危機」とも訳されます。仕事や家庭などで、今まではなかったさまざまな新しいストレスがのしかかることに起因する、中高年男性特有のうつ病や不安症を指すのです。

主な要因としては、

  • 中間管理職となる年齢のため、上司と部下の板挟みによるストレス
  • 老後の人生設計に関する不安
  • 両親の介護に対する不安
  • 子どもの将来に対する不安

などが挙げられます。

また現在では、非正規雇用の方も多いことから、自分自身の将来に対する不安が30代の若い層に広まっているそうです。

誰にでも訪れるミドルエイジクライシスの解決方法とは?

大小問わず、将来に対する不安は誰しも持っているものです。要は、心配ごとやストレスを根本からなくすことができれば、結局はミドルエイジクライシスも怖くはありません。

では、ミドルエイジクライシスをもたらす不安の根本的な原因はなんでしょうか。しっかりと現実から目を背けることなく見据えた場合、やはりそこには経済問題が浮上してきます。自身の経済状況が充実してさえいれば、多くのリスクを回避することができるのではないでしょうか。

だからこそ、資産運用なのです。

事実、ミドルエイジクライシスに直面する世代から投資をスタートする人は少なくありません。経済状況を盤石にすることで老後や介護、子供の将来などに関する不安は軽減されるでしょう。それはきっと仕事にも良い影響をもたらし、職場でのストレスも大きく減少するはずです。

さいごに

資産運用といっても元手となる資金がない。そう考える人もいらっしゃるでしょう。

ただ、投資手段を適切に選べば、年収400万円から頭金ゼロで長期的に安定したリターンを得られる投資生活をはじめることができます。そう、それこそがマンション経営・投資なのです。

詳しくは以下のコラムをお読みいただき、マンション経営大学のセミナーや個別相談会にもぜひお越しください。

▼中高年の悩みは投資で消える

関連キーワード
  1. リスク対策
  2. 中高年
  3. 老後
  4. 資産運用
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから