週末起業で失敗してしまった人たちが嘆く2つの言い訳 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

週末起業で失敗してしまった人たちが嘆く2つの言い訳

このエントリーをはてなブックマークに追加

経済状況が厳しさを増すなかでサラリーマンの週末起業が話題になっています。手軽に始められるネットショップやクラウドソーシングなども流行し、参入のハードルが低くなっていることもあり、副収入を得て家計の足しにする方が増えているようです。

しかし、成功者がいるかたわら、残念ながら失敗してしまう人も少なくありません。そこで今回は、週末起業で失敗してしまった人からよく聞かれる2つの言い訳をご紹介します。ぜひ、今後の参考にしてみてください。

週末起業で失敗してしまった人たちが嘆く2つの言い訳



1. 週末起業のために時間を割けなかった


多くの方が口にするのが、時間の問題です。当然ながら週末起業をいざはじめてみると、土日や平日の夜などにプライベートを楽しむことは難しくなります。

きっと「そのくらいのことは覚悟しているから大丈夫」と思われるかもしれません。では、もし週末起業が予想よりもうまくいってしまったとしたらどうなりますでしょうか。次第に平日の朝や勤務時間中も業務対応に追われ、本業にまで支障をきたしてしまうかもしれません。

だからといって、本業を捨てられるほどの収益を週末起業だけで確保することは難しいでしょう。つまり、週末起業をはじめることはたしかに簡単なのですが、週末起業には「うまくいけばいくほど事業の継続が難しくなる」というジレンマが隠されているのです。

結果として、プライベートはもちろん本業もおろそかになることを恐れ、泣く泣く週末起業を断念するという方も少なくないようです。

2. すべてを一人でこなそうとしたがうまくいかなかった


たとえば、ネットショップで自作のキャンドルなどの雑貨を売りたい方がいるとします。しかし、雑貨を作れるスキルがあったとしても、それをどうやって売るかという営業スキルまで備わっているかというと、現実的にはなかなか難しいようです。

会社であれば制作は制作部、営業は営業部といった役割分担が可能ですが、週末起業においてはそうとは限りません。特にたった一人で週末起業をされている方は、すべてを一人でこなす必要が出てきます。

結局、作ることと売ることの双方の負担がのしかかり、誰にも相談することもできないまま、週末起業を諦めてしまう人が後をたたないというのが現状のようです。

週末起業から週末投資の時代へ



週末起業をたった一人でやりきれる能力のある方はいいとして、そうではない方が週末起業で成功するためには、本業に支障をきたさない範囲の時間内で成功でき、自分が詳しくない領域については誰かから専門的なアドバイスやサポートを受けられなければならないようです。

率直に言ってしまいますが、それは現実的に実現できることなのでしょうか。もし、実現が難しいようであれば、いっそのこと週末起業ではなく週末投資をしてみてはいかがでしょうか。

たとえば、不動産投資やマンション投資ならば、煩雑な管理業務をパートナー会社に一括で委託できるため、本業どころかプライベートの時間を大幅に割く必要すらありません。実際に、忙しいサラリーマンの方がマンションオーナーとしてのキャリアを無理なくスタートされています。極端な話、やることと言えば、月に1回の家賃が振り込まれているかをチェックすることくらいでしょうか。

また、パートナー会社には不動産投資や物件管理の専門家が常駐しており、常に最新情報に基づく収益最適化に関するアドバイスを提示してくれますし、物件の入居者審査から入居者確保まで、いわゆる営業活動も全面的にサポートしてくれます。つまり、たった一人で事業を乗り切るプレッシャーは皆無と言えるでしょう。

また、週末起業では一部の成功事例をのぞき、大きな資金を元手に収益を増大させるといったことは難しく、いわゆるレバレッジを効かせづらいかと思います。

しかしながら、不動産投資やマンション投資は銀行から事業用のローンを借りることで、少ない元手資金にレバレッジを効かせて大きな収益を狙える醍醐味もあるのです。この通り、不動産投資やマンション投資は金融機関から立派な「事業」として認知されているわけですから、ある意味でよりリスクの低い週末起業とも言えるのかもしれません。

ぜひ一度、週末起業をお考えの方は、より手軽に始められる「週末投資」という選択肢もご検討されてみてはいかがでしょうか。もし、ご不明点があれば、いつでもマンション経営大学までご相談ください。実際の事例ケースをもとにアドバイスをさせていただきます。

▼ 週末起業から週末投資へ

関連キーワード
  1. インカムゲイン
  2. 副収入
  3. 副業
  4. 業務委託
  5. 管理会社
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから