【迷惑電話対策】投資用マンションの訪問営業や電話勧誘を撃退する方法 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

【迷惑電話対策】投資用マンションの訪問営業や電話勧誘を撃退する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資用マンションに関する訪問営業や電話勧誘に困っている。そんな声をマンション経営大学のお客様からもよく耳にします。

消費者庁が2015年5月13日に発表した「消費者の訪問勧誘・電話勧誘・FAX勧誘に関する意識調査」においても、健康食品やリフォームなどの訪問勧誘や電話勧誘について実に「95%以上」が勧誘を「全く受けたくない」と答えていることが分かりました。

これほどまでにお客様に嫌がられるにも関わらず、そのような営業手法にこだわる理由がどこにあるのでしょうか。むしろ、そのような営業手法を取らないほうがお客様の信頼を確保する上で有効なのではないでしょうか。

事実、「マンション経営大学は訪問営業や電話勧誘を一切していないところが信頼できた」とおっしゃっていただけることも多くあるからです。ただ、残念ながら、不動産投資業界においても悪質な訪問営業や電話勧誘をやめない業者が無数にいるのが現状です。

投資用マンションの訪問営業や電話勧誘を撃退する、たった一つの方法



もし、みなさんが迷惑な訪問営業や電話勧誘を受けた際には、たった一言を告げるだけで撃退することができるでしょう。それは「迷惑です。二度と訪問(電話)しないでください」という言葉です。相手の話などに耳を傾ける必要はありません。相手の話を遮るように、その一言だけを告げて終わりにしてしまってください。

さすがに相手に失礼なのではないかだとか、せめて「忙しいから」や「今はいらないから」といった理由を伝えるべきなのではないか。ついつい、優しい人ほどそんなことを考えてしまいがちですが、それでは相手の思うつぼです。そんな配慮をする必要はありません。なぜなら、相手がやっていることは「明らかな迷惑行為」なのですから。

もし、投資用マンションの訪問営業や電話勧誘でこんなことを言われてしまったんだけど本当なのだろうか、といったように悩んでしまっている方がおられましたら、いつでもマンション経営大学までご連絡ください。不動産投資の専門家の視点で、しっかりとお答えさせていただきます。

マンション経営大学からの提言「不動産投資業界のさらなる健全な発展のために」



マンション経営大学では、迷惑行為に当たる訪問営業や電話勧誘を一切おこなっておらず営業活動方針としてもしっかりと掲げさせていただいております。

一方で、私たちが注力してきたのがマスメディア(テレビ番組、新聞、雑誌および交通機関などに掲示される広告など)や自社ウェブメディアによる最新情報の発信と、専門的な知識を初心者にも分かりやすく伝えるセミナーやイベントの開催です。「不動産投資をもっと身近に」との信念のもとで継続してきました。

結果として、「マンション経営」というキーワードで検索いただければお分かりいただけるかと思いますが検索順位でトップを確保しております。つまり、お客様のほうからお問い合わせをいただけるようになり、そのお客様に対してのみマンション経営の提案をさせていただいている次第です。

このような営業活動を続けることこそが、不動産投資業界のさらなる健全な発展につながると考えています。

関連キーワード
  1. 訪問営業や電話勧誘にお困りの方に
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから