マンガで学ぶマンション経営!〜老後を見据えた「賃貸」と「購入」どちらがオトク?〜 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンガで学ぶマンション経営!〜老後を見据えた「賃貸」と「購入」どちらがオトク?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガで学ぶマンション経営


マンション経営大学では、マンション経営に関するさまざまな事柄をマンガで簡単に学べるようにしています! 今回は、マンションを購入することで得られる老後のメリットと、賃貸と購入のどちらが良いのか?という疑問についてご紹介します!

さらに上級編として、関連コラムも巻末にご紹介させて頂きます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

単身世帯が増加中!マンション購入で老後も安心?

今回のお話は、人生の晴れ舞台である結婚式から始まります。どうやら参加者の女性二人は結婚を考えてはいないようです。しかし、老後に一人で暮らすのは何となく不安。という漠然とした悩みを抱えています。

そんな問題を、マンション経営が解決してくれるかもしれません。
独身女性はもちろん、男性の単身者の方にもおすすめなマンション経営のお話は、マンガの続きをご覧ください!

rougo_anshin
manganotuzuki

貸して良し!住んで良し!単身者にマンション経営がおすすめな理由とは?

マンション経営とは、何も貸すだけではありません。購入したマンションが気に入った場合は、もちろん自分がそこに住むことも可能です。

つまり、ローンの返済さえ終わってしまえば、家賃0円で一生住める自分のお城になるのです。賃貸した場合では毎月の家賃が出て行くだけで、住んでいる場所は自分のものにはなりません。

マンガの例を参考にして、実際に10年間賃貸で暮らした場合、いくらぐらいかかるのかを見てみましょう。

家賃8.5万円×12ヶ月×10年=1,020万円

そして、この家賃で35年間暮らした場合は

1,020万円(10年分の家賃)×3.5=3,570万円


となります。実際には、同じところに35年住み続けるということはなかなかないでしょうから、その度に引っ越し料金や、敷金、礼金などもプラスされるでしょう。

こういった長いスパンで考えると、賃貸でもお金は意外とかかるものです。家賃によっては、マンションを買うのと同じくらいの金額になってしまうこともあるでしょう。

自分のものにならない部屋の家賃をずっと払い続けるのか、それとも家賃の代わりにローンを払って、完済したら家賃0円で住める家を手に入れるのか、皆さんはどちらが良いと思いますか?

もちろん、マンション経営ならば、お部屋を貸して、家賃収入をローンの返済にあてることも可能です。

結婚を機に貸しに出したり、自分は違うところに住んで家賃収入を得るという使い方もできるのです。

マンション経営はライフスタイルの幅を広げ、老後も豊かにする!

一見すると、賃貸の方が好きな時に引っ越せて、自由なイメージがあるかもしれません。

しかし、マンションを持っていると、「自分で住む」「人に貸す」「もう一部屋購入する」など、人生を本当の意味で自由にしてくれる選択肢がより多く広がります。

老後においても、定年前にローンを支払い終えてしまえば、毎月の家賃収入は年金の上積みになり、生活の支えにもなってくれるのです。

これからの生き方、老後の過ごし方は、以前に言われていたような「定年退職後は悠々自適な年金暮らし」というわけにはいきません。それぞれが将来のライフプランを描いて、自分自身で準備を進めなければいけない時代が到来しています。

その準備のひとつとして、マンション経営も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

より詳しい情報が知りたい方は、下記のコラムもぜひ参考にしてみてくださいね!

○マンション購入と賃貸の比較をもっとくわしく!○
メリットから見る!マンションは賃貸よりも購入のほうがお得な理由

○年金対策や資産運用のためのマンション経営をもっとくわしく!○
マンガで学ぶマンション経営!〜年金や資産運用の課題はマンション経営が解決!〜

○マンション経営に必須な管理会社選び。良きパートナーとは?○
マンション経営に必要な業務は、まるごと管理会社にお任せ!

ポイントまとめ

  • 住んで良し!貸して良し!単身者にもオススメなマンション経営!
  • 長いスパンで見ると、賃貸も購入並みにお金がかかる!
  • 老後を見据えた資産運用ならば、マンション経営が断然おすすめ!

関連キーワード
  1. マンガ
  2. マンション経営
  3. マンション購入
  4. ローン
  5. 単独世帯
  6. 賃貸
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから