マンガで学ぶマンション経営!〜生命保険の代わりや相続税対策にもなるマンション経営〜 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンガで学ぶマンション経営!〜生命保険の代わりや相続税対策にもなるマンション経営〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガで学ぶマンション経営


マンション経営大学では、マンション経営に関するさまざまな事柄をマンガで簡単に学べるようにしています! 今回は、マンション経営は、生命保険の代わりや相続税対策にもなるというメリットについてご紹介します!

さらに上級編として、関連コラムも巻末にご紹介させて頂きます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

家族のために何を遺すのか? 30代のファミリーが導き出した答えとは?

とある家族が、生命保険について考えるところから始まる今回のマンガですが、マンション経営が生命保険の代わりになることはご存知でしょうか? 2015年に控除額の引き下げが行われる相続税などの問題も踏まえて、わかりやすくご紹介します!

詳しくはマンガの続きをごらんください!

kazoku

manganotuzuki

生命保険の代わりになる! 若くて健康なうちに始めるべきマンション経営

マンション経営が生命保険の代わりになる。というのはマンガの中でご紹介させていただきましたが、ここではもう少し詳しく、生命保険などと比較をしながらみていきましょう。

一般的に、生命保険は毎月または、まとめて掛け金を支払い、万が一の場合に備えます。

一方、マンション経営もローンで購入した際は、毎月残債を返済していく形になります。また、マンション経営にてローンを組む際は、「団体信用生命保険(通称:団信)」に加入します。

団体信用「生命保険」というぐらいですから、団信は生命保険の側面も持ちます。簡単に言えば、契約者に万が一のことがあった場合、ローンの残債は保険で完済され無借金のマンションを相続人が相続できるということになります。そうなれば、相続人には毎月の家賃収入が入ることになり、定期的な収益源を大切な人たちに遺せることになるわけです。

また、月々の家賃収入が入ってくるわけですから、その家賃収入をローン返済にあてることができるというのも、ただお財布からお金が出ていくだけの生命保険と比較した時に、メリットとなり得るでしょう。

生命保険は、若いうちに加入した方が掛け金が安くなることがありますよね。団信にも似たような面があります。加入には審査があり、健康でないと加入することができない場合があります。早めにマンション経営をはじめればローンの完済も早まりますし、できるだけ若くて健康なうちからマンション経営をはじめるのがオススメです。

相続税対策にも有効なマンション経営は、生命保険に比べてさらなるメリットが!

2015年から相続税の控除額が引き下げられ、相続関連の問題や、遺族間でのもめ事などが多発することが危惧されています。「うちはそんなに財産がないから…」と思っていたら、びっくりするほどの税金を納めなければならないことになるかもしれません。

そこで今注目を浴びているのがマンション経営なのです!

マンションは「現物資産」ですから、預貯金や保険金などの資産よりも相続税を抑えることが可能です。そして、万が一の場合には、前述した団信の効果でローンの残債は免除され、遺族に遺すこともできます。

相続税を抑えることもでき、生命保険の代わりにもなり、安定した収入源をも遺せるマンション経営は、まさに一石二鳥。いや、一石三鳥といえるでしょう!

年金問題などもまだまだ解決の糸口が見えない昨今、資産は守るものから賢く運用して増やすものへ変化してきています。時代の流れに取り残されて、いざという時に困らないためにも、将来のための準備をはじめてみてはいかがでしょうか?

より詳しい情報が知りたい方は、下記のコラムもぜひ参考にしてみてくださいね!

○生命保険の代わりになる「団体信用生命保険」についてもっとくわしく○
マンション経営は健康な内に始めるべき?団体信用生命保険について

○相続税の基礎控除額が引き下げられるとどうなってしまうの?○
2015年に改正へ! 相続税の基礎控除額が引き下げられるとどうなるの?

○老後や万が一に備えて、早めの準備をした方が良い理由とは?○
あなたは大丈夫?老後の備え不足が6割超!早めの資産運用をすべき理由

ポイントまとめ

  • マンション経営は生命保険の代わりになる!
  • 2015年からの相続税控除額引き下げ対策にもなる!
  • 若くて健康なうちから、将来に備えて準備をしておこう!

関連キーワード
  1. マンガ
  2. マンション経営
  3. ローン
  4. 保険
  5. 団体信用生命保険
  6. 家賃収入
  7. 現物資産
  8. 相続税
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから