人手不足で建設費が高騰? マンション価格上昇の要因に! - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

人手不足で建設費が高騰? マンション価格上昇の要因に!

このエントリーをはてなブックマークに追加
建設費高騰jpg


日本各地で「建設費が高騰している」という声が上がっています。マンション価格の上昇にも直結する大問題ですが、その理由は一体何でしょうか?マンション経営を考えている方は、本格的な価格上昇が始まる前に手を打っておきたいところです。

■復興需要、新ビル建設ラッシュ、少子高齢化…建設費は近い将来、もっと高くなる?

建設費高騰は、以下の3点の理由からくる人手不足がおもな理由と考えられています。

1.東北の復興需要
2.景気回復による都心部のビル建設ラッシュ
3.少子高齢化による若者不足

1つめと2つめの理由は、東京五輪が開催される2020年まで、バブルともいわれる特需が続きそうです。3つめの理由は、もっと長期的な問題になります。

近年、建設業界では深刻な若者離れが進んでいます。たとえば、ハローワーク渋谷では2013年12月時点で、一般事務員の仕事を探す人は4,908人、介護では234人となっています。それに対して、建設作業はわずか56人。その内訳も60歳以上の経験者が目立ち、建設需要の拡大にも関わらず「人を増やす」ことに苦戦している建設現場が非常に多いのが現状です。

建設業界では、賃金アップなどの労働条件見直しによる人材確保に動いています。しかしながら、足元の景気回復によって企業の求人需要が増える中、過酷な肉体労働のイメージもある建設業界をあえて選ぶ若者は多くないようです。

■マンション価格が高騰する前の今がチャンス?思い立ったらマンション経営大学に相談!

人手不足による建設費の上昇は「マンション購入価格の高騰」に直結します。すでにマンションを所有している方にとっては、その価値が大きくなるという意味で捉えられるかもしれませんが、これからマンション経営を始めようと考えている方は、どのような対策をとれば良いのでしょうか。

1.マンション価格の高騰が進む前に購入する。
2.すでに建築されている新築・築浅のマンションを購入する。
3.マンション経営のプロに相談する。

建設費の上昇傾向は、まだ始まったばかり。今後、経済の回復や五輪特需による建築ラッシュは、ますます本格化していくことが予想されます。対策するなら、早いうちが吉。迷ったら、ぜひ、マンション経営大学にご相談くださいね!

■ポイントまとめ

  • 日本の建設費は、復興需要・景気回復・少子高齢化による人手不足で高騰している?
  • マンション経営を検討するなら、マンション価格に影響が出る前がオトク?!
  • 疑問や不安は、マンション経営大学にご相談ください!

関連キーワード
  1. マンション価格
  2. マンション経営
  3. 建設
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから