オーナー必読!マンション経営するなら知っておきたい頻出用語5選 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

オーナー必読!マンション経営するなら知っておきたい頻出用語5選

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンション頻出用語jpg


マンション経営をいざ始めようと考えても、難しい専門用語に尻込みしてしまった…という方もいらっしゃるかもしれません。でも、ご安心ください。マンション経営大学では、あらかじめ専門知識がない方でも理解しやすいように、難しい専門用語は分かりやすい言葉に置き換えたり、大切な情報を詳しく丁寧にお伝えしています。また、直接お電話や資料請求からお問い合わせ頂くことも可能です。

とは言え、用語について知っておくことも、オーナー様にとっては大切ですね。そこで今回は、マンション経営について、より詳しくお知りになりたい方の為に、もっとも頻繁に見聞きすると思われる、5つの重要なキーワードをご紹介します!

■用語その1:やっぱり気になる?マンション経営の「利回り」

利回りとは、投資した元の金額に対する、利子を含めた収益の割合のことです。投資用マンションを購入する際に表示される利回りは、一般的に「年間賃料÷販売価格×100」%で表示されます。

マンション経営による利回りは、預貯金による0.0数%程度の利回りと比較すると高利回りで、あるいはFXや株式などによる、ハイリスクハイリターンの投資と比較して安定性が高いと言われており、ロングリターンの資産運用と呼ばれることがあります。

株価暴落などデフレの影響を受けにくく、物価上昇といったインフレにも強いため、老後に年金と並ぶもうひとつの安定した収益源を持つという目的で、マンション経営を選ぶ人が増えてきています。

◯老後に備えるには?もっとくわしく◯
年金制度にはもう頼れない?老後の備えにマンション経営!

◯マンション投資が安定している理由は?もっとくわしく◯
2つの投資方法!マンション経営は低リスクのインカムゲインをねらおう!

◯他の投資と比べてどうなの?もっとくわしく◯
ミドルリスク・ロングリターンの資産運用!マンション経営を株・FX・生命保険と比較しよう!

■用語その2:始めるなら若いうちがオススメ!「団体信用生命保険」

マンション経営を始める際に、ほとんどの方が加入するのが団体信用生命保険、略して『団信』です。団信は住宅ローンに特化した生命保険で、加入者に万が一のことがあった場合、以降の返済額は保険金によって、一括で完済されるという仕組みです。団信に加入することができれば、仮に自身が病気や事故による突然の不幸(死亡)に見舞われても、遺された家族がローンの支払いに困るようなことはありません。

ただし、過去に大きな病気を患うなどして健康状態に不安がある方は、加入時の審査に通らない可能性もあるため、比較的健康状態に不安のない、若いうちに検討することをオススメします。(*現金購入の際は、この限りではございません。)

◯団体信用生命保険についてもっとくわしく◯
マンション経営が生命保険?団体信用生命保険を別視点から見る!

◯なぜ健康なうちに始めるの?もっとくわしく◯
マンション経営は健康な内に始めるべき?団体信用生命保険について

■用語その3:27年から増税!相談が増えている「相続税対策」

平成27年から増税される相続税に関する相談が、マンション経営大学でも増えています。私たちがオススメしている相続税対策とは、現金の他に現物資産を持つこと。遺族に相続する遺産のうち、マンションなどの不動産は、現金と比較して相続税評価額が時価より減額される事が多いです。しかも、マンションを賃貸などしている場合、さらに評価額を下げることが可能なことも。

まさにマンション経営は、相続税対策にピッタリの選択肢になるのです。ですから、大切なご家族に少しでも多くの資産を遺すため、相続税対策に有利なマンション経営を始める方も増えています。

◯相続税が増額されるとどうなるの?その対処法は?もっとくわしく◯
平成27年に大幅アップ?相続税をマンション経営で節税できる理由

◯マンガでわかる相続税対策はこちら◯
負担を減らす相続税対策

■用語その4:今がチャンス?注目されている「東京都市圏」

とらみのコラムでもよくご紹介している「東京都市圏」という言葉。世界最大規模の経済圏を誇り、同時に単身者世帯が急増する東京都市圏では、ワンルームマンションの需要が増加すると言われています。さらに近年の大事業としては東京スカイツリー、東京国際空港などの再開発プロジェクトが続々と進行し、休む間もなく発展を続けるこの地域に、世界中の投資家たちの視線が集まっています。

今後もアベノミクスによる景気回復、2020年の東京五輪などの好材料により、地価上昇の期待もあり、東京都市圏でマンション経営を始めるチャンスとも言われています。

◯東京都市圏がマンションに強い理由は?もっとくわしく◯
都心回帰が進行中?東京都市圏がマンション経営に強い理由

◯東京都市圏が選ばれる5つの理由とは?もっとくわしく◯
マンション経営に最適の地域は…東京都市圏?選ばれる5つの理由

■用語その5:マンション経営の強い味方!「トータルサポート」

トータルサポートとは、マンションの建設から、販売、賃貸管理、建物管理まで、一括で行うサービスのこと。家賃の回収、入居者の募集、建物・設備のメンテナンスといったオーナー業務をまるごと肩代わりしてくれるだけでなく、オーナーにとって有利な条件のローンを斡旋してくれたり、数十年先までの経営計画をシミュレーションしてくれたり、さらには家賃の保証までしてくれたり…。

マンション経営大学でも、「トータルサポート」を行っていますので、初めてのマンション経営でも安心してお任せください!

◯トータルサポートシステムについてもっとくわしく◯
マンション経営大学の支援システムについてもっと詳しく!
マンション経営をサポートする賃貸管理システムで安心してオーナーに!

今回は、よく見聞きする用語をご紹介しました。もっとくわしく知りたいという方、マンション経営に興味が出てきたという方は、リンク先のコラムなども参照して、マンション経営に役立ててくださいね。もちろん、マンション経営大学に直接お問い合わせいただくのも大歓迎です!

■ポイントまとめ

  • マンション経営は難しくない!用語をひとつずつ知りながら、理解していきましょう!
  • わからないことはマンション経営のプロに!ぜひ、マンション経営大学にお問い合わせください!

資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから