子どもに資産を遺すためマンション4戸の経営を始めた愛知県在住40代男性 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

子どもに資産を遺すためマンション4戸の経営を始めた愛知県在住40代男性

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーナーの声


マンションオーナーの実例紹介のコーナーです!

このコーナーでは、とらみがインタビュアーとなって、マンション経営大学を卒業してマンションオーナーになった方々から、マンション経営を始めた理由、マンション経営の良いところ、実際にオーナーになってからの感想などを聞いてみたいと思います。

今回は、大切な子どもさんのために4戸のマンション経営を始めた、愛知県在住の40代オーナーにお越しいただきました。

愛知県オーナーjpg
※バナーをクリックすると動画ページにジャンプします。

■信頼できるパートナーと出会えたから、マンション経営を始めようと決断できました!

とらみ

愛知県のオーナーさん、こんにちは!
早速ですが、マンション経営をスタートしたきっかけを教えてください。


愛知県オーナーjpg

もともと、株とか、国債とか、そういう投資には興味がなかったんですね。しかし、子どもを抱えていると、自分が何を残してあげられるのか、そういうことを考えるようになります。何か残してあげられるものがひとつあれば、自分も安心して死ねる…そういうことを考える年齢になったということなんでしょうね。


とらみ

お子さまに遺す資産として、マンションを選んだ理由は何ですか?


愛知県オーナーjpg

営業マンの人柄が信用できた、というのが一番大きな理由だったかもしれません。長く保有する資産のパートナーとして、安心できる、信頼してお付き合いできることは大切と感じました。


とらみ

そうだったんですね、お褒めの言葉、ありがとうございます!
今日はありがとうございました!

■ポイントまとめ

  • お子さまに遺す資産だから…ロングリターンのマンション経営がオススメ!
  • 長く保有する資産だから、信頼できるパートナーを見つけよう!
※当記事は動画およびインタビュー内容を元に編集しております。

関連キーワード
  1. インタビュー
  2. マンション経営
  3. ロングリターン
  4. 相続
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから