マンション経営大学の支援システムについてもっと詳しく! - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンション経営大学の支援システムについてもっと詳しく!

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンション経営の業務をサポートしてくれる管理会社には、さまざまな管理サービスがあります。今回はマンション経営大学の集金代行システム家賃保証システムについて、とらみが詳しく解説したいと思います!

2つのシステムの概要につきましては、以下の記事でご紹介させて頂いていますが、今回はより詳しく解説しますね!

参考:マンション経営をサポートする賃貸管理システムで安心してオーナーに!

■まずはおさらいから!なぜ管理を代行してもらうのか?

賃貸住宅の管理、運営は大変な業務。入居者を募集したり、契約を交わしたり、遅れている賃料の催促やクレーム処理…。本業を持ちながら、オーナー業をまっとうするのは難しいですよね。そこで、オーナー業務はまるごとプロにお任せするのがオススメなのは、以前にもご紹介しました。管理会社に委託できる仕事は下記の記事にさらにくわしく紹介しているので、ぜひとも参考にしてみてくださいね!

◯もっとくわしく◯
マンション経営に必要な業務は、まるごと管理会社にお任せ!
マンションオーナーの業務は「何もない」ってどういうこと?

では、まずはマンション経営大学の「集金代行システム」から。

■家賃管理の強い味方!「集金代行システム」

集金代行システムの内容は、以下のようなものです。
  • 入居者より委託先が賃料を回収後、委託先からオーナーの振込口座に賃料が振り込まれる。
  • 毎月の月額賃料から管理手数料を払う。
  • 滞納督促は管理会社がオーナーに代わりにおこなってくれる。
  • 入居者からのクレームは管理会社が窓口になり、問題を解決してくれる。
イメージとしては入居者とオーナーの間に入って、間を管理会社が取り持ってくれるような感じでしょうか。気になる管理手数料の目安は、
  • 月額管理業務…月額集金合計額の3%+消費税
  • 募集契約業務…賃料の0〜1.0ヶ月相当分
  • 更新契約業務…賃料の0〜0.5ヶ月相当分
物件によって手数料は増減する場合がありますが、優良な管理会社であれば大きくは違わないでしょう。思ったより少額で済むんだな、と驚かれる方も多いかもしれませんね。自分自身がオーナー業務をやった際、時給換算したらとてもこんな金額には収まらないことでしょう。

次に、「家賃保証システム」です。

■空室があっても毎月家賃収入!「家賃保証システム」

家賃保証とは、オーナーが管理会社に部屋を貸し、その不動産会社が実際の入居者に物件を貸す。というシステムです。内容は以下のようなものです。
  • 借上げたオーナーの部屋を管理会社が管理する。
  • 契約期間中は、入居者の有無を問わず、保証賃料が毎月送金され、賃料収入が確実に見込める。
  • マンション経営の最大リスク、空室リスクが解消される。
もちろん手数料はかかってしまいますが、借り上げてもらう際の査定基準は10〜15%くらいと、こちらも想像したよりも低価格。空室リスクが解消されるメリットと照らしあわせて、家賃保証を依頼するオーナーが多いのもうなずけますね。

◯もっとくわしく◯
家賃下落リスクを考える
空室不安を解消!優良物件限定の家賃保証システムとは?

オーナーとしての仕事は結構な重労働。なれない業務に疲弊して、マンション経営が破綻してしまっては元も子もありません。餅は餅屋、管理は管理のプロにお任せして、快適なマンション経営ライフを送ってみるという選択肢を、ぜひ検討してみてください。

■ポイントまとめ

  • 集金代行システムを利用して大変なオーナー業務から開放されよう!
  • 家賃保証システムを活用すれば空室リスクを回避できる!
  • 信頼できる管理会社を見つけることでマンション経営ライフは快適に!

関連キーワード
  1. マンション経営
  2. 家賃保証システム
  3. 業務委託
  4. 管理会社
  5. 集金代行システム
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから