マンション経営をサポートする賃貸管理システムで安心してオーナーに! - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンション経営をサポートする賃貸管理システムで安心してオーナーに!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Fotolia_68956365_Subscription_Monthly_M

ワンルームマンション投資の魅力のひとつに、購入者であるオーナーのマンション経営をバックアップするサポートシステムが用意されている点があります。サポートシステムの内容や充実度は、ワンルームマンションを開発・販売する不動産会社によって差があります。

ワンルームマンション選びでは、物件自体の良し悪しはもちろんですが、どのようなサポートシステム(賃貸管理システム)があるかも重要なポイントなのです。

■オーナーの手を煩わせない賃貸管理システム

マンションの賃貸経営では入居者の募集に始まって、賃貸借契約、賃料の徴収、居室の設備等の保守管理など、さまざまな業務が発生します。ときには賃借人からの苦情処理、賃料の滞納問題などへの対応が必要です。

これらの業務をオーナーであるあなたに代わって行ってくれるのが、賃貸管理システムです。マンション経営大学には、「集金代行システム」と「サブリースシステム」の2つのシステムがあります。それぞれの内容を次に紹介するので、あなたに合った委託方法を選ぶことで安心してマンションオーナーになることができますよ。

■管理業務を代行する「集金代行システム」

まず「集金代行システム」では、オーナーは所有しているマンションを賃貸するに当たって、賃借人との間で賃貸借契約を結びます。そのうえで賃貸経営に関する管理業務の代行を、賃貸管理会社に所定の管理手数料を支払って委託するというものです。

賃貸管理会社は、オーナーの代理として賃借人から賃料を徴収し、その後、オーナーの口座に払い込みます。もし、家賃滞納や借り手からの苦情、居室の設備等に不具合が発生した場合は、その都度、賃貸管理会社が処理・解決に当たるので、オーナーに負担はかかりません。また、賃借人が退出した場合はすぐに入居者の募集を行うので、空室の期間は最小限に抑えることができます。

■空室の心配がいらない「サブリースシステム」

一方「サブリースシステム」では、オーナーが所有しているマンションを、賃貸管理会社が借り上げ、それを賃借人に転貸するというものです。仮に賃借人が退出し、空室になった場合でも、賃貸管理会社が賃料を負担するので、賃料収入が途切れることがありません。家賃は物件により異なりますが、長期空室や景気変動による賃料の下落などの心配がない管理システムといえるでしょう。

■ポイントまとめ

どちらのタイプの方法を選んだとしても、しっかりとした賃貸管理システムが完備したマンション経営は、オーナーにとって次のメリットがあるのです。
  • 空室の心配がない(サブリースシステムの場合)
  • プロの管理で高い入居率が期待できる
  • 入居者募集の手間がかからない
  • 賃貸借契約・更新の煩わしさがない
  • 集金の手間がいらない
  • 入居者等からの苦情処理に煩わされない
  • 賃借人の入退去時の手続きも不要

関連キーワード
  1. マンションオーナー
  2. マンション経営
  3. リスク対策
  4. ワンルームマンション
  5. 業務委託
  6. 管理会社
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから