マンション経営は不安?家族の誤解・疑問を解消するための3大説得材料 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンション経営は不安?家族の誤解・疑問を解消するための3大説得材料

このエントリーをはてなブックマークに追加
無料なの?


マンション経営をはじめよう!といざ決意しても、家族に反対されてしまってはションボリですよね。大きなお金が動く分、比例して家族の不安も大きいものです。

しかし!すぐに諦めないでください!

頭金0円でも住宅ローンを組めること。老後の安心には貯金より有利なこと。東京都市圏のマンションは価値が下がりにくいこと。この3つの説得材料で、家族の誤解と疑問を解消しましょう!

■頭金0円でもマンション経営は始められる!

不安の種として一番に浮かびやすいのが、かかるお金の大きさではないでしょうか。「そんなお金はうちにはありません!」と言われたときこそ、説得のチャンス!マンション経営は、頭金が0円でも、今からすぐに始められる資産運用なんです!

住宅ローンを利用する場合、一般に頭金として物件価格の1~2割程度が必要といわれています。これは多くの金融機関が、融資率を80~90%としているからです。しかし、賃貸事業としてのマンションを購入する場合、東京都市圏のワンルームマンションは数十年にわたる高い居住者ニーズが見込まれるため、融資率は100%、頭金0円で購入できることも珍しくはないのです。

加えて、提携ローンを利用することも、頭金0円を実現するための重要なポイント。提携ローンとは、実績のあるマンション販売会社と金融機関とが提携をしている住宅ローンのこと。この提携ローンの場合、マンション購入者の信用にプラスして、マンション販売会社の信用も加味されるため、頭金0円を実現しやすくなります。しかも通常のローンと違い、販売会社が必要書類のアドバイスや日程の管理などをしてくれるため、手続きがとても簡単というメリットもあるんですよ。

■現物資産のマンション物件は貯金よりも老後の安心に適した資産運用?!

「投資なんて不安だし、リスクもありそうだし、貯金しておけばいいんじゃないの?」という家族の意見も少なくないでしょう。しかし、少子高齢化の今、数十年後も年金を安定して受け取れる保証はありません。この先、物価が上昇すれば、その分、現金価値は目減りしてしまいます。そう、一見とっても安心して見える貯金という資産運用方法も、実は大きなリスクを抱えているのです!

その点、マンション資産は、物価の変動に応じて資産価値が変動する現物資産。年金の他に安定した月々の家賃収入という収入源が確保できるのですから、老後の生活も安心ですね!

■東京都市圏のマンションは価値が下がりにくい!?

「でもでも、購入したマンションの価値が下がることもあるんじゃないの?やっぱり不安よ。」…たしかに、そういう不安もあるでしょう。

実は今、マンション価値の下がりにくい物件があることをご存知でしょうか。そう、頭金0円になりやすいマンションと同じで、東京都市圏のワンルームマンションです。その理由を説明すると…現在、東京都市圏では人口の一極化が進んでいます。上場企業の約半数が東京に集まっており、更に少子化のあおりを受け有名大学がこぞって都心の交通の良い場所へキャンパスを移しています。社会人、学生、どちらをターゲットにしてマンションを経営する場合でも、特に単身世帯の居住需要が右肩上がりに増加しており、東京都市圏は借主が途切れにくいマンション経営に最適の地域と言えるでしょう。立地の良い、入居率の高いマンションであれば、頭金0円が実現しやすいだけでなく、かなり先々までの安定した家賃収入を期待できそうです。

マンション経営は、自分だけでなく、家族の一大事!なぜ他の資産運用ではなく、マンション経営を選ぶのか。その理由を大切な家族に説明できる準備をすることは、ご自身にとっても、とっても意味のあることだと、とらみは思います!

■ポイントまとめ

  • 頭金0円でも、立地の良いマンションを選び、提携ローンを利用すればローンを組める!
  • 現物資産のマンションは、年金崩壊・インフレにも強い資産運用方法!
  • 東京都市圏のマンションなら、資産価値を維持しやすい!

関連キーワード
  1. ローン
  2. ワンルームマンションt
  3. 東京圏
  4. 賃貸
  5. 頭金ゼロ
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから