マンション購入前に知っておこう!よく解るマンション管理組合 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンション購入前に知っておこう!よく解るマンション管理組合

このエントリーをはてなブックマークに追加
管理組合

分譲型の区分マンションを購入した際には、そのマンションの購入者全員で「管理組合」が構成されます。実際に管理組合がどんな組織になっていて、どのようなことをしているか、ご存知でしょうか?管理組合に入るということは分譲型マンションを購入した際の必須事項。基礎知識をとらみと一緒におさらいしていきましょう!

■マンション管理組合とは?その内容と組織図!

マンション管理組合とは、簡単に言ってしまえばマンションの住人が気持ちよく暮らせるように、マンションの資産価値を維持管理する組織です。設備保守、管理、会計処理、大規模修繕、管理人業務などはマンション管理組合が行いますが、実質的には難しい面もあり、管理組合で建物管理会社を選定して日々の業務をお任せするというケースが良くみられます。

建物管理を一括して委託することで、それぞれの業務に特化した専門業者が担当するので、資産価値の保全が円滑に行われます。マンション管理組合(=区分所有者)は、実務に直接タッチする必要がありませんから、会社員など、本業を他に持っている方でも安心ですね!

■マンション管理組合の構成図

組合によって多少の違いはありますが、以下の図のよう構成されることが多いようです。

管理組合組織図一例
ちょっと面倒くさそうでややこしそうなマンション管理組合。しかし中身を知ってしまえばそんなに難しいことはありませんでしたね!

■ポイントまとめ

  • 区分マンションを購入した場合は、マンション管理組合に必ず入会する!
  • マンション管理組合とはマンションの管理業務全般を行う機関!
  • 専門的な業務は管理会社にまるごと委託するのがオススメ!

関連キーワード
  1. マンション購入
  2. 業務委託
  3. 管理会社
  4. 資産価値
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから