セキュリティグッズで見る!防犯性の高いマンションのチェックポイント4つ - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

セキュリティグッズで見る!防犯性の高いマンションのチェックポイント4つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
660_Fotolia_43048161_Subscription_Monthly_XXL

入居率が高くなるマンションの条件のひとつに防犯性の高いマンションであることがあげられます。特に、東京都市圏での需要が安定しているワンルームマンションであれば、女性の一人暮らしを想定した安心への取り組みは欠かせません!

今回は、新築・築浅の最新マンションにもはや必須と言える、購入するマンションには絶対ほしいセキュリティ設備を見ていきましょう!

■女性入居者も安心!4つのセキュリティ設備チェックポイント

ポイント1:共用部前にいる訪問者の顔や声をチェックできるモニター付きドアホン!

共用部前に設置されたドアホンは、最新マンションの常識といえるほどの存在になりました。自室から遠く離れた共用部にいる訪問者の顔と声を確認できるため、万が一の際も心と時間に余裕をもって、落ち着いた対応をとることが可能です。人を感知して自動的に録画がスタートするタイプもあり、不審者の来訪を証拠として保存できるため、犯罪の抑止力として機能することが期待できます。

ポイント2:防犯カメラで侵入者をけん制!

防犯カメラ自体には侵入を防ぐ物理的な効果はありませんが、精神的な効果は絶大!ビデオに記録されたら身元がわかってしまうため、マンション施設内のエントランスやエレベーター、踊り場などに、死角がないようカメラの設置されたマンションであれば、入居者も安心してくれるでしょう。

ポイント3:複雑な構造のディンプルキー等で、ピッキング対策!

部屋の鍵も地味なようで実は進化しています。近年多発しているピッキングによる空き巣被害の対策には、ディンプルキー等が人気。表面に深さと大きさの異なる凸凹(ディンプル)が配置された複雑な構造になっており、セキュリティ性がグンと高まります。

ポイント4:24時間見守ってくれるセキュリティシステム!

万が一、不審者が建物内に侵入したとき、対応してくれるのがセキュリティシステム。24時間対応でプロがトラブル監視し、適切な対応を実行してくれる頼もしいガーディアンです。物件によって導入内容・設備は様々ですが、警備会社への通報、警告音による威嚇など、不審者に効果的な機能を持っています。

こうして上げてみると当たり前のことのように感じるかもしれませんが、住民の安全への配慮はオーナーの大切な仕事!購入するマンションを選ぶ際は、こうした当たり前のことが当たり前に備わっているかどうかしっかりチェックしたいですね!

■ポイントまとめ

  • 女性のひとり暮らしも、セキュリティー設備が整ったお部屋なら安心・安全!
  • 防犯性が高いマンションなら入居率もアップ!
  • 最新のセキュリティ設備がどんなものか知っておこう!

関連キーワード
  1. セキュリティ
  2. ワンルームマンション
  3. 女性入居者
  4. 設備
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから