浪費を見直して投資に置き換えよう!今すぐ始めるマンション経営術 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

浪費を見直して投資に置き換えよう!今すぐ始めるマンション経営術

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンション浪費

自己資金は全然ないけど、何とかマンション経営を始める方法はない?と考えて、とらみのコラムにたどり着いたみなさん、こんにちは!

マンションの購入というと、どうしても「お金持ちにしかできない?」と考えてしまう方も多いと思いますが、ところがどっこい、実はマンション経営って、初期の自己負担額が少なくてもスタートしやすい、資産運用方法なんです。今回はさらに、生活習慣をほんのちょっと見直して、手にすることのできる生涯資産を大きく改善させちゃおう!という提案をさせていただきますよ。

■案外多い日常の浪費、積もり積もれば生涯資産に数百万円以上の差?

◇マンション経営は自己資金ゼロでも始められる…?◇

最初に、現在特に人気の高い、東京都市圏の最新ワンルームマンションの一般的な購入価格を検討していきます。

東京都市圏の最新ワンルームマンション1戸の購入金額は、マンション経営大学調べでは、およそ2,000万円です。ここでまず注目していただきたいのは、購入するマンションに価値が認められれば、つまり、誰もが住みたいと思う魅力的なマンションであると評価されれば、頭金はゼロでもOK!(※1)となることも珍しくありません。つまり、自己資金に不安のある方でも、魅力的な物件を見つけることさえできれば、ローンによってすぐにでもマンション経営を始められる可能性がある、ということです!

ではこの2,000万円の最新ワンルームマンションを、35年で完済、金利2.5%のローンで購入したとします。すると、月々のローン返済額は71,499円。マンション経営大学が調べた月々の一般的な管理費用(集金代行手数料2,709円、管理費8,000円、修繕費1,000円)は、トータルで11,709円となります。支出の合計は、合わせて83,208円ですね。気になる家賃はというと、2,000万円の新築ワンルームマンションで、およそ86,000円。つまり、月々2,792円が手元に残り収入になるわけです。

え?2,792円だけ残ってもしょうがないって?いえいえ、ローンを完済する35年後には、マンションの家賃はすべて自分のもの!いわば、頭金ゼロでマンションを購入したのに月々の支払いもゼロ。むしろちょっとしたお小遣いももらいながら、35年後には、マンションが100%自分の所有物になるということなんです。この、自己負担が少ないながらも老後に確実な資産を残せる安定感が、マンション経営という資産運用方法の魅力なのです。
※1 別途購入に関わる諸費用や公租公課等は別途かかります。

◇日々の浪費を抑えれば、ローンの支払い期間が半分で終わる?◇

さぁ、前置きが長くなりましたが、ここからが今回の本題です。質問ですが、みなさんは普段、日常的に「これは浪費だなぁ…」と感じている出費はありますか?先ほど、自己資金がなくても家賃86,000円のマンションが購入できる理由をご説明しました。では、日常の浪費を減らせば…?そう、さらにマンションを購入することも可能になるんです。

さぁ、下の図から、減らすことのできる支出の例を見つけてみましょう!

浪費一覧jpg
いかがでしょう、身に覚えのある浪費はありましたか?ランチはどうしても必要だ、という方もいらっしゃると思います。もちろん、昼食を抜こうというわけではありません。自分でお弁当をつくったり、格安のお弁当屋さんを見つけたり、工夫することで金額を抑えることが可能だということを、とらみはお伝えしたいのです。

たとえば上記の浪費をすべて計算すると、1カ月あたりでなんと、130,360円もの支出がある計算になります。年間では、1,564,320円!ここまでケタが上がると、ビックリしますよね。もしかしたら、これ以上に浪費が多いかも!と青くなっている方もいらっしゃるかもしれません…。

それではつぎに、これらの浪費を、半分にするよう、努力してみましょう。

タバコは4日で1箱。飲み会は1週間に1回。飲み会も半分、終電の時間にはちゃんと帰るようにして、タクシーに乗る回数を減らします。…その結果、1カ月あたりの浪費を半分まで減らすことに成功すると、月々66,680円ものお金が浮くことになりました。
ここで、マンション経営の話に戻ってみましょう。

とらみがオススメしたいのは、浮いたお金をローンの先払いに充てていくこと。これを内入れと言いますが、仮に年間156万円もの浪費を半額まで押さえて、80万円を内入れしていくと、本来は35年のローン返済が、20年弱で完済できる計算になります。仮に30歳の時にマンションを購入したとしたら、本来は65歳までかかるローンの返済を、50歳になる前に終えることができるというわけです!

しかもしかも…1戸目のマンションのローンが早く終わることを見越して、2戸目、3戸目と複数戸のマンションに追加投資していけば、1戸目の家賃収入で2戸目のローンを払い、2戸目の家賃収入で3戸目の家賃収入を払い…といった調子で、所有資産をどんどん膨らませていくことさえも可能になるのです。

これが、浪費を投資に変える、という考え方。生活習慣をほんのちょっと見直すだけで、手にすることのできる生涯資産には、大きな違いが出てきます。みなさんの生活には、ご自身も「やりすぎだな…」と思う浪費はないでしょうか。とらみと一緒に見なおして、その浪費を投資に変えて、マンション経営を始めてみませんか。

■ポイントまとめ

  • マンション経営は自己資金が少なくても始められる!
  • 日々の浪費を抑えれば、マンションローンの完済はグッと早くなる!
  • 浪費を投資に変えて、生涯資産を大きく膨らまそう!

関連キーワード
  1. マンション購入
  2. ローン
  3. ワンルームマンション
  4. 投資
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから