マンション投資の建物管理をプロにお願いしたい4つの理由 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンション投資の建物管理をプロにお願いしたい4つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
toramicolum6

マンション経営というと、建物管理には大変なイメージがあるかもしれません。日々の消耗品の交換、共用部の清掃、破損の修繕、共用部の電気代など諸経費の支払い …などなど。自分に本当にできるかな?と不安になる気持ち、とらみにもわかります。

でもその不安、まとめて解消する方法があるんです!そう、それは建物管理のプロに、すべてまるごと委託してしまうこと。今回は、マンションの建物管理を、プロにお願いしたい4つの理由を見て行きましょう。

■マンションの建物管理もプロにお任せ!

理由1:消耗品を交換してくれる!

マンションには、たくさんの消耗品があります。たとえば、共用部の電灯。エントランスや外構の植栽。共用ソファやテーブル。他にもたくさんありますが、こうした共用部の設備にある消耗品の交換、購入は、基本的にマンションの管理組合(オーナー)の仕事となります。マンション経営を専業でされている方にとっても大変な業務ですが、会社勤めをしているオーナーが仕事の前後に毎日マンションを訪れ消耗品を点検するのは、これはもう、現実的ではありません。

そこで、こうした消耗品の交換はマンションの管理会社に委託してしまいましょう。マンションの管理会社は、こうした日々の雑事をはじめ、オーナーの経営負担をまるごと引き受けてくれる頼もしい味方です。

理由2:日々の清掃もしてくれる!

エントランスや廊下など、共用部が常に汚れているマンションに、住みたいと思う方はいますか?入居者が安心して過ごせるように。そして、これから入居を考えている方がここに住みたいと思ってくれるように。清掃が行き届いたマンションであるための一手間は、惜しんではなりません。

でもやっぱり、毎日自分で掃除をするのは大変ですよね。マンションの管理会社は、もちろんオーナーに代わって共用部の清掃を行ってくれます。

理由3:点検や修繕もお任せ!

どんなに丈夫なマンションも、長く使っていると、ところどころ傷んできてしまいます。でも、外壁の洗浄や修繕とか、エレベータの点検や修理とか、エントランスや外構の植栽手入れとか…。大がかりな仕事を発注した経験なんて、多くのオーナーはお持ちではありません。どこに頼めば良いのか。費用は適切か。何を指示すれば良いのか。不安でいっぱいです。

マンションの管理会社に委託しておけば、こうした発注経験も豊富!点検や修繕をより高い品質で、より安く、仕上げることが可能となります。市場の最新ニーズも常に勉強しているので、マンションの魅力はさらにアップすることでしょう。

理由4:面倒な費用計算も任せて大丈夫!

こうした建物管理には、当然、費用がかかってきます。月々のものから突発的なものまで、何かと煩雑な諸経費の計算、支払いは、マンションのオーナーにとっては神経をすり減らす、間違えることのできない重要な業務です。

だからこそ、マンション管理のプロにお願いすると、その恩恵を大きく感じることができますね。家賃収入から諸経費を計算し引いた金額…これがオーナーの収入になるわけですが、管理会社に建物管理を一括して依頼しておけば、オーナーは自動的に家賃収入から諸経費(管理費・修繕積立金等)を引いた金額が振り込まれるのを待つだけになります。

ただし、地方にある規模の小さなアパート経営の場合は、こうした管理会社に建物管理を委託することが難しい、ということもあります。建物管理をプロに任せたい!と考えたら、やはり東京都市圏の方が都合が良さそうです。

■ポイントまとめ

  • オーナーにとって負担の大きい建物管理はプロにお願いできる!
  • プロにすべて委託すればオーナーは家賃収入が振り込まれるのを待つだけ!
  • 地方、小さなアパートでは入居者管理は自分で行わないといけないことも!

関連キーワード
  1. プロの仕事
  2. 業務委託
  3. 管理会社
資料請求のお問合せ セミナー申し込み 相続相談のお申込み 個別相談のお申し込み 日本全国出張 現地見学の申し込み セカンド・オピニオン講習はこちらから

入学案内はこちらから