【生命保険】生命保険に入っているからといって、一生涯の生活を支えることはできません。家族のために、自分のために・・・【不動産投資マンガ】 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

1時限目 導入

【生命保険】生命保険に入っているからといって、一生涯の生活を支えることはできません。家族のために、自分のために・・・【不動産投資マンガ】

生命保険に入れば、生涯にわたって家族も自分も安心だと思っていませんか?
生命保険の場合、60歳を超えると、保障額は大きく減額されてしまいます。さらに、万が一のことが起こった際も、配偶者の生活を支えきることはできないのです。

生命保険、ここも不安。


終身保険は、毎月の高い掛け金が負担に
終身保険の場合、満足な保障を得ようとするとつきの支払いが40,000円を超えることも…。しかも、途中で解約してしまうと、損をするケースもあるので要注意です。
長期保険はインフレになると資産価値が下落
経済状況が芳しくない現代、終身保険も利回りが低く、定期預金をしているようなものです。預金と同じく30年後にお金の価値が上昇したときに、その価値は下落する可能性も大きいのです。
掛け捨ての保険では、将来に残らない
最近人気が高い掛け捨ての保険。月々の支払いは数千円とお手ごろですが、全て掛け捨てのため将来に資産として残りません。これとは別に資産形成が必要となります。

この不安を解消するにはこちら

初級コース

入学案内はこちらから