【相続対策】「磯野家の相続」著者 長谷川 裕雅先生講演※本セミナーは終了致しました。 - マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

【江東区文化センター】2016年6月29日(水)【相続対策】「磯野家の相続」著者 長谷川 裕雅先生講演※本セミナーは終了致しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

開講日時

日時: 6月29日(水)
13:30~15:00 (13:00開場)
教室: 江東区文化センター
会場:3F大研修室
※少人数制の為、同業の方のご参加はご遠慮いただいております。

講義内容

【1時限目】PM13:30~PM14:30
「相続を争族にしないための事前対策~不動産資産の活用~」
講師:長谷川 裕雅先生
東京永田町法律事務所代表
弁護士・税理士

【2時限目】PM14:30~PM15:00
「マンション経営大学からの挨拶」

【3時限目】PM15:00~PM16:45
「個別相談」※希望者のみ

主催

マンション経営大学

受講者無料プレゼント

01 磯野家の相続(すばる舎)

※受講者の方に無料でプレゼント致します。

 



大きな地図で見る

教 室:
江東区文化センター3F大研修室
所在地:
〒135-0016  東京都江東区東陽4-11-3
交通のご案内:
東京メトロ東西線「東陽町」駅下車 1番出口より徒歩5分
その他の交通機関はこちらから
〈講師プロフィール〉
長谷川 裕雅先生
東京永田町法律事務所代表。弁護士・税理士。
早稲田大学政治経済学部卒業後に朝日新聞社記者。
長島・大野・常松法律事務所、英国法律事務所を経て国会議事堂隣に事務所を構える。
専門は不動産相続・事業承継紛争・危機管理。
「磯野家の相続」「磯野家の相続税」(ともにすばる舎)「家族内ドロボー」(光文社新書)「実例に学ぶ経営戦略 あの企業のお家騒動」(リベラル社)など著書多数。夜討ち朝駆けで多数の事件関係者に張り付く中、当事者と一緒に悩む立場を取りたいと考え、弁護士に転身。
弁護士と税理士の両資格を保有し、相続問題を総合的に解決できる数少ない専門家の1人。
「磯野家の相続」(すばる舎)は、その切口と平易な解説が話題を呼び、相続関連書籍の中では異例のベストセラーとなった。

IMG_5145 - コピー

過去のセミナー風景

江東区文化センター

江東区文化センター


セミナー申込みはこちら