マンション経営大学

マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンション経営大学

不動産投資初心者の女性にもオススメ!将来、毎月安定した収入を得る方法が学べるセミナーをレポート

Life & Style株式会社は、マンション経営大学と称して全国各地で不動産投資に関するセミナーを実施しています。12月18日には、東京都文京区にて「奥様必見! ポイ活よりカンタンでお得なマンション投資講座」が開催されました。

講座名にもある「ポイ活」とは、ポイントサイトやアプリでポイントを貯める「ポイント活動」のことですが、それよりも無理なく計画的に資産が増やせる方法として、マンション投資を紹介してくれるとのこと。そこで今回は、不動産投資に興味のある女性ライターがその内容をレポートします!

参加したセミナー

講座名:【主婦・主夫向け講座】奥様必見!ポイ活よりカンタンでお得なマンション投資講座 ~老後までコツコツ貯金ではなく、毎月15万円の収入を得る方法~
主 催:Life & Style株式会社
場 所:マンション経営大学 セミナーサロン
日 時:2018年12月18日(火)
 10:30~12:30(11:30~個別相談会)

人生100年時代と言われている今、老後は結局いくら必要なの?

▲親しみやすさが評判の女性アドバイザー宮崎侑花さん

今回の講師は、自身でもマンション投資を行う女性アドバイザーの宮崎侑花さん。人生100年時代だからこそ考えなくてはいけないお金のことを、わかりやすく説明してくれました。

平成が終わる今、人生は100年と言われています。具体的な数字で言うと、男性の平均寿命は81歳で、女性は87歳。この「平均寿命」とは、2人に1人が生きる年齢のことなのだそうです。ちなみに筆者の祖母は、100歳を越えています。では一体、自分はいくつまで生きると予測すればいいのでしょうか? 日経新聞によると、4人に1人が生きる年齢を考えるのがいいとのこと。その場合、2050年時点で男性は92歳、女性は98歳まで生きるそうです。男女を平均すると、95歳。だいたい100歳です。

現在、定年を60歳とする会社が多いので、会社勤めを辞めた60歳から老後が始まるとすると、男女共におよそ95歳までの35年以上、暮らしていけるお金が必要になるということですね。35年……。筆者は30代なので、今までの人生と同じだけ長い期間、老後が待っているんですね! 「その間、どうやって暮らせばいいの?」と少し不安になってきました。

会社員の老後の世帯年金収入は、厚生労働省によると月22.1万円。対して老後の生活に必要な費用は、最低でも26.4万円、ゆとりのある生活をしようとすると34.9万円だそうです。つまり年金だけでは、毎月4.3万円から12.8万円も足りない計算です。どうしましょう……。この説明を聞いて、急に実感が湧いてきました。

具体的な説明がさらに続きます。退職した60歳から月々15万円かかるとして、90歳まで生きるとしましょう。15万円×12ヶ月×30年間で、5400万円ものお金が必要だそうです。これを個人年金で確保しようとすると、25歳で始める場合は月々10.1万円、30歳で11.9万円、40歳だと19.1万円も払わないといけないとか。貯金でまかなう場合は、25歳で月々12.9万円、30歳で15万円、40歳で22.5万円、50歳だと45万円も貯金しなければいけません。月に15万円以上の貯金なんて、とてもじゃないけれど私にはできません!

しかも銀行に預金した場合、利率はたったの0.001%だそう。10万円預けても、1円しかもらえないわけです。それ、ほとんどゼロじゃないですか……!

老後資金対策のために「するべき投資」とは?

▲やった方がいい「投資」から、やらなければいけない「投資」の時代へ

では、どうやって足りない年金を補填し、老後に備えたらいいのでしょうか? その最適な方法が「投資」で、「やった方がいい」ではなく「するべき」なのだそうです。

投資にはさまざまな種類があり、基本的に安全性の高いものほど見返りが少なく、ローリスク・ローリターンだと言われています。一方で損をする危険性の高いものは、そのぶん見返りが大きいので、ハイリスク・ハイリターンだと言われています。つまり博打のようなものですね。ローリスク・ローリターンな投資の代表は、個人年金や預貯金です。確かに、この方法で老後の備えを蓄えるのは、先ほどの説明を聞く限り私も厳しいと感じました。

では、ハイリスク・ハイリターンな方法はどうでしょうか。株式投資やFX、これは当たればいいものの、暴落すると預けたお金がなくなってしまう可能性があります。これでは老後の資金どころの話じゃないですよね……。しっかり貯めるには大きな元手が必要で、かと言って博打に出るとすべてを失う可能性がある。では、どんな投資方法がいいのでしょうか。

無理なく計画的に資産が増やせるマンション投資

▲Life & Style株式会社のマンション経営の仕組みを図解で説明

そこで宮崎さんが提案するのは、ミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資、中でもマンション経営です。でもマンション経営と聞くと、「入居者とのやり取りや部屋の管理が面倒そう……」と思いますよね。私も思いました。

ですがLife & Style株式会社のマンション経営は、そうした手間がかからないとのこと。入居者とのやり取りや建物と部屋の管理をすべて担当してくれるので、オーナーは物件を購入して家賃を受け取るだけだそうです! それって、お金を預けて利子を受け取るだけの銀行預金と、手間がそこまで変わらないじゃないですか……!

家賃収入でローンを完済した後は、家賃収入がまるまる利益になります。例えば2,550万円の新築ワンルームマンションを、頭金なしで35年ローンで買った場合、家賃収入からローン返済額や管理費、修繕積立金を引くと、毎月9,472円のマイナスとのこと。つまり毎月約1万円支払えば、老後に月7万5千円の収入になるのだそうです。月1万円程度なら、問題なく出せそうですね!

そのうえ、住宅ローンには「団体信用生命保険」がついていて、返済中にオーナーに万が一のことがあった場合は、残りのローンを完済してくれるそうです。ということは、生命保険と同じような効果もあるんですね。今まで保険料として払っていた分を、不動産投資に変更してもいいわけです。「じゃあそのうちやろうかな」なんて思っているうちに、病気になったり転職したりしてローンが組めなくなる場合や、団体信用生命保険に加入できなくなる場合があるとか。であれば、思い立ったが吉日ですね!

そしてLife & Style株式会社の物件は、なんと入居率が98%以上! それでも、空室が気になる場合は、相場家賃の92%を補償してくれる「家賃保証」があるそうです。入居率が高い理由を聞いてみたところ、立地や設備を吟味して、人気が高くなりそうな物件しか扱わないからなのだそう。優良物件は年月が経っても大きな値下がりはしなそうですね、プロに任せておけば安心そうですね。

おわりに

▲今できる老後のための資金対策を無理なく提案してくれました

第1部の講義が終わったら、第2部では個別の相談に乗ってくれます。ローンの組み方など心配事は、なんでも聞きやすい雰囲気だと感じました。老後の不安は、今すぐ解消するに限ります! 相談内容はマンション投資に限らないようで、最終的に「お客様にとってマンション投資が向かない場合は、オススメしないこともある」そうです。無理にはオススメせず、親身に考えてくれるので、少しでも興味を持たれた方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

資料請求はこちら
無料のセミナーに参加する

〜〜〜オススメの関連記事〜〜〜
健康な身体とお金を手にして充実した人生を!RIZAPとコラボ開催の不動産投資セミナーをレポート
講師はマンション投資業界歴20年のアドバイザー!投資マンションの今が分かるセミナーをレポート
老後の収入確保につながるマンション投資のセミナーをレポート!