マンション経営大学

マンション経営・投資のリスクとメリットなら【マンション経営大学】

マンション経営大学

成否を分ける!最適な不動産投資会社の選び方

不動産投資で最も大切なのは、購入する物件です。物件を一度購入してしまうと、それに伴う諸条件の変更は非常に難しくなります。特に、立地はあとからでは変更できないので、慎重に検討しなければなりません。そのとき重要なのが、物件の販売や融資の斡旋を行う不動産投資会社です。物件を販売するだけではなく、購入後における物件運用のパートナーとなるため、不動産投資会社選びは成否を分ける大きなポイントとなってきます。

そこで、どのような点を重視して会社を選べばいいのか、また選んではいけないのはどのような会社なのかなど、気になるポイントをお伝えします。

1.会社選びが不動産投資の成否を決める

不動産投資では多くの金額が動くだけに、対象となる物件と不動産会社は慎重に決めなければなりません。しかし中には、残念ながら「物件を売ることが第一。売った後のことは知りません」という会社もあります。投資初心者がそんな会社でマンションなどを買い、購入後に運用面のアドバイスやサポートもないままだと適切な運用ができなくなり、最終的には物件を安い値段で手放さざるを得ない状況に陥ってしまう可能性があります。不動産投資に失敗している人には、このようなケースも多いようです。

一方で投資初心者に対して綿密で行き届いたサポートをしてくれるいい不動産会社を選ぶことさえできれば、定期的に上がってくるレポートを確認して、数字を見ながら意思決定を行うだけで毎月、資産運用を行うことができるようになります。まさに「不労所得」と言える収入が得られるようになるのです。

将来のために副業として不動産投資を行いたい会社員にとって、不動産投資で成功する鍵は、不動産購入後のサポートが手厚い不動産投資会社を選べるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

2.不動産投資会社の良し悪しを見極めるポイント

ではいい会社、悪い会社を見極めるには、どのようなポイントを押さえればいいのでしょうか。

2-1.どのような立地の供給実績を持っているか
先に挙げたように、不動産投資においてはどのような立地の物件を買うかが重要です。なぜなら、建物は建て替えが可能ですが、立地は後から変更できないからです。その分、良い立地の物件を提供する不動産会社を選ぶ必要があります。

東京圏の主要な駅から近い場所に建っているなど、誰もが住みたくなるような好立地の物件を提供してきたかどうか実績を確認しましょう。郊外で利便性に欠ける立地の物件しか提供していない会社は、候補から外していきます。

2-2.現実的な提案を行ってくれるか
不動産投資を始めるには、金融機関の融資が必要です。資金調達の手段として、低金利で融資が受けられる金融機関を斡旋してくれる会社か、投資家に無理な融資を強いることがない会社かなどを見極めましょう。

悪い例が、スマートデイズ社とスルガ銀行が提携して行った事件です。銀行へ提出書類を改ざんするなどし、返済能力のない人にまで融資を行い物件を購入させていました。このようなケースに引っかからないように、家賃収入や返済のシミュレーションを無理のない範囲で一緒に提案してくれる会社を選びましょう。

2-3.入居率を管理実績で確認する
不動産投資のリスクで最も分かりやすい例が、空室リスクです。空室になると、収入がないままローンの返済だけが発生し、その状態が長く続くと最終的に物件を売却せざるを得ない状況に追い込まれることもあります。

そのようなことが起こらないように、不動産投資会社がこれまで販売してきた物件の入居率や、管理方法などを確認しましょう。100%に近い入居率を誇る会社であれば、安心して投資を始められるはずです。

2-4.投資対象としたい物件を得意としているか
不動産投資の対象となる物件には、戸建・マンション・アパートなど様々な種類があるため、はじめに自分に合った投資対象を決める必要があります。不動産投資会社によっても得意とする物件があるので、それを加味したうえで会社を選びましょう。

2-5.購入後のフォロー体制があるか
不動産投資は購入時だけでなく、購入後のことも考える必要があります。本業が多忙で物件の管理・運用に割く時間がない場合、自然と不動産投資会社にそれら全てを任せることになるでしょう。その際、フォロー体制も充実した会社であれば、安心して長く運用できます。例えば、空室があっても必ず一定額の家賃を毎月保証してくれる「家賃保証(サブリース)」サービスを提供する会社もあります

3.マンション投資で失敗しないためのパートナーの条件

では、パートナーとして最適な不動産投資会社とは、どのような条件の会社なのでしょうか。

3-1.ワンストップ型でサポートを提供している
不動産投資のメリットは、他の投資と違い、購入後に管理・運用・新たな物件紹介・売却など、全ての業務を管理会社に委託できる点です。そのため運用において、投資家自身の手間はほとんどかかりません。

そのような包括的なサービス提供の体制を「ワンストップ型」と呼びます。ワンストップ型の不動産会社であれば、投資家はほぼ何もすることなく低リスクで不動産投資が続けられます。税理士を紹介してくれる会社もあり、その場合は確定申告や節税の相談もできます。

3-2.電話営業に頼っていない
頻繁に電話営業をしている様子がみられる会社は、選ばないようにしましょう。中には名簿を買い取って電話営業をしているところもあります。もちろん電話営業をしているところが必ずしも全て悪い会社ということではありませんが、一つの基準として覚えておいてください。

3-3.倒産リスクが低い
不動産投資は長期にわたる投資となるため、不動産会社の倒産リスクについても気をつけなければいけません。判断基準として帝国データバンクの評点などで財務状況を判断する方法もありますが、一般的に規模が小さい会社のほうが倒産リスクは上がるため、ある程度規模がある会社を選びましょう

3-4.セミナーを開催している
セミナーや説明会の開催有無もポイントの1つです。各地でセミナーや説明会を開いている会社は社員数自体が多いことの証になり、実際に足を運べば社員の質もわかります。もちろん不動産投資の基本や不動産会社が持つ情報を教えてくれるので、情報収集の意味でも役立ちます。会社のホームページなどで開催情報を確認し、興味が惹かれるセミナーがあれば参加してみましょう。

まとめ

まずは上記を参考にして、最適な不動産投資会社を選んでみてください。不明点や判断に悩む点があれば、実際にセミナーに参加して不動産投資会社の社員に直接聞いてみるのもオススメです。一度信頼のおけるパートナーを見つけることができれば、きっと数十年にわたって資産形成の手助けをしてくれるでしょう。

資料請求はこちら
無料のセミナーに参加する

〜〜〜オススメの関連記事〜〜〜
【不動産投資 初心者必見!】健康状態が良く若い時に始めるのがよい理由とは
【不動産投資 初心者必見!】不動産投資は25歳から始めるのがオススメ
不動産投資初心者がセミナー選びで失敗しないための3つのポイント